今使っているパソコンでBlu-rayの映画が見たい

今使っているパソコンでBlu-rayの映画が見たい

GALLERIA QF560のBlu-ray規格再生機器取り付け事例について

Blu-rayディスクを再生する為には、Blu-rayが再生できる光学ドライブと再生ソフト、パソコンスペックが必要になります。 確認したところ、お使いのパソコンでBlu-rayビデオの視聴する為には、Blu-rayが再生できる光学ドライブと再生ソフトが必要でした。

持ち運ばれることが多いユーザーでしたので、他にスペースを必要としない内蔵タイプのBlu-rayドライブをお勧めし、ご使用のパソコンの内蔵DVDドライブと交換アップグレードを行いました。 Blu-rayビデオのディスクがご使用のパソコンで問題なく再生できるのを確認してお返しすることができました。

修理作業にかかった費用は、ワンコイン診断463円とBlu-rayドライブの増設・交換費用5,000円と他に部品代6,980円をいただいています。 修理のために必要となる必要なお時間は60分となります。

Blu-ray規格の再生機器取り付けのための予備知識

パソコンでBlu-rayディスクの映画を視聴するためには、Blu-rayビデオ再生に対応する性能のパソコンとBlu-rayディスクが読み込み可能なBlu-ray規格の光学ドライブ、再生ソフトが必要になります。 Blu-rayディスクはDVDとは規格が異なる為、Blu-rayビデオ再生のためにはBlu-ray規格に適応した光学ドライブ(Blu-rayドライブ)でなければ再生することができません。 実際にお使いのパソコンをBlu-rayビデオも再生する仕様にアップグレードしたい場合は、以下の確認が必要となります。

1.Blu-rayビデオ視聴に適した性能であることを確認

Blu-rayビデオに適したパソコン性能に達していなければ、Blu-rayビデオは再生できません。 実際にBlu-rayビデオの映像視聴再生に適した画像解像度を有するモニターであるか、CPUが大容量のデータ再生に適しているかなど、お使いのパソコンの性能がBlu-rayビデオ再生環境に達しているかどうかの確認をすることが必要になります。

2.Blu-rayディスク対応の光学ドライブであるか

現在お使いのパソコンに搭載された光学ドライブがBlu-rayディスク規格に対応しているかどうか確認します。 多くのパソコンの場合DVDディスク規格のみ対応の光学ドライブの為、Blu-rayディスク対応規格の光学ドライブへの交換が必要になります。

3.Blu-rayディスク対応の再生ソフトか

パソコンにインストールされているソフトがBlu-rayディスク対応かどうかを確認します。 Blu-rayビデオを視聴する為には必須になります。

実際には、お預かりしたパソコンがBlu-rayビデオの視聴に問題がないかどうかを検証して確認します。 パソコン性能に問題がないことが確認できた場合には、Blu-ray規格対応の光学ドライブを取り付けることになります。

光学ドライブには内蔵タイプと外付けタイプがあります。 外付けタイプの光学ドライブはUSB経由で接続できます。

外付けタイプの光学ドライブはパソコンとは別にスペースを取ることになります。 パソコンを持ち運ばれることが多い方や省スペースをお望みの方には、内蔵タイプの光学ドライブがお勧めです。

(削除)詳しい診断と修理や設定は、プロに任せるのが安心です。 どのような光学ドライブが適しているのかを判断し、お使いのパソコンに適合する光学ドライブを選ぶことができます。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ