ドスパラは365日最短翌日出荷!

「自作PC組み立てマニュアル」 自作PC組み立て手順を画像付きで解説
自作PCを組み立てたいけれど、パーツの準備や手順がよくわからないで困っているなどがあれば、こちらの「自作PC組立マニュアル」ページを是非ご覧ください。
パーツを取り付ける時に気を付けるべき点をCPUやケース、マザーボードなど具体的にパーツと作業内容の画像を使って分かりやすく解説いたします。

使用パーツ

【使用パーツ】
パーツ パーツ名 スペック / 詳細情報
CPU Intel Core i5 8500 BOX プロセッサ名:Core i5 8500/(Coffee Lake-S) クロック周波数:3GHz ソケット形状:LGA1151
マザーボード ASUS PRIME H310M-A フォームファクタ:MicroATX CPUソケット:LGA1151 チップセット:INTEL/H310 メモリタイプ:DDR4
メモリ Corsair CMK8GX4M2A2666C16(PC4-21300 DDR4-2666 4GBx2) メモリ容量(1枚あたり):4GB 枚数:2枚 メモリ規格:DDR4 SDRAM メモリインターフェイス:DIMM モジュール規格:PC4-21300(DDR4-2666)
SSD ADATA ASU700SS-240GT-C (SATA3 240GB TLC) 容量:240GB /Serial ATA 6Gb/s
HDD TOSHIBA DT01ACA100 (SATA3 1TB 7200rpm 32MB BLK) 容量:1TB 回転数:7200rpm キャッシュ:32MB インターフェイス:Serial ATA600
DVDドライブ LITEON IHAS124-14 BULK 接続インターフェース:SATA 設置方式:内蔵
グラフィックボード Palit NE5105T018G1-1070F(GTX1050Ti 4G GDR5 STORMX) 搭載チップ:NVIDIA/GeForce GTX 1050 Ti バスインターフェイス:PCI Express 3.0 x16 モニタ端子:DVIx1/HDMIx1/DisplayPortx1 メモリ:GDDR5/4GB
電源 hermaltake PS-SPD-0500NPCWJP-W(Smart500W ATX 80+) 対応規格:ATX12V v2.3 電源容量:500W 80PLUS認証:Standard サイズ:150x140x86mm 重量:1.9kg
PCケース ENERMAX ECA3360B-BT(U3)(FulmoQ ATX黒 電無USB3.0) 対応ファクター:ATX/MicroATX/Mini-ITX 3.5インチシャドウベイ:3個 5.25インチベイ:2個
SATAケーブル AINEX SATR-3103LBK (ラッチ付 SATA片下L型ケーブル 30cm) 対応規格:SATA Revision 3.0規格対応 SATA 1.5Gb/s、3Gb/s、6Gb/s対応
OS Windows 10 Home 64bit 日本語(DSP) 安く手に入れるならドスパラのDSP版Windowsで

マザーボード付属のSATAケーブルが2本となり
今回は3つのドライブを搭載するため、追加で1本SATAケーブルを用意。

マザーボード開封&内容物

マザーボード開封&内容物

マザーボード本体、M.2アンカー、ドライバCD、SATAケーブル2本、マニュアル

CPU開封&内容物

CPU開封&内容物

CPU本体、CPUクーラー、マニュアル、ロゴステッカー

CPU取り付け

  • 1. レバーを少し押し込み外側へずらします。

  • 2. レバーを上へ持ち上げます。

  • 3. レバーを上げた状態。※取り付け時にピンが曲がってしまうと起動しなくなります。

  • 4. CPUの切欠けとマザーボードの切欠けに注意しましょう。

  • 5. 切欠けを確認します。

  • 6. カバーを倒します。

  • 7. カバーがネジの下に入り込むようにします。

  • 8. レバーを倒します。

  • 9. 固定できるとソケットカバーが外れます。

  • 10. ソケットカバーは保証の際に必要になるので大切に保管しましょう。

もくじへ戻る

CPUクーラー取り付け

  • 1. 熱伝導グリスが塗ってあるので触れないように注意しましょう。

  • 2. CPUクーラーを固定する際のプッシュピンの向きを確認します。

  • 3. CPUクーラーを取り外しする際のプッシュピンの向きを確認します。

  • 4. 固定時。

  • 5. 取り外し時。

  • 6. マザーボードの穴を確認します。

  • 7. マザーボードの穴にあわせCPUクーラーをセットします。

  • 8. 対角線上にプッシュピンを押し込みます。

  • 9. 上から押し込んで固定させます。

  • 10. マザーボード裏からツメがしっかり固定されているか確認します。

  • 11. CPUクーラーから伸びている4ピンのファン端子をマザーボードのCPU_FANコネクタへ接続して完了です。

※マザーボードのファン端子は、マザーボードメーカーによって位置が異なる為、マザーボード付属のマニュアルを確認しましょう。

もくじへ戻る

メモリ取り付け

メモリ取り付け
  • 1. メモリスロットのツメを外側に倒す。

  • 2. メモリスロットとメモリ本体の切欠け位置が合うようにセット。

  • 3. 両サイドを均等な力で押し込む。

  • 4. カチッっと音が鳴り真っ直ぐ固定されれば取付け完了。

  • 5. 取付けた状態。

もくじへ戻る

PCケースにマザーボード取り付け

PCケースにマザーボード取り付け

PCケース本体、ケーブルバンド、マニュアル、各種ネジ類、ビープスピーカー

  • 1. ケースを取り出し裏の4箇所のネジを外す。

  • 2. パネルを後ろにスライドさせ、左右のサイドパネルを外す。

  • 3. 外したサイドパネル。

  • 4. バックパネル。

  • 5. マザーボードの背面端子の向きにあわせ取り付けます。

  • 6. 取り付けされているか確認しましょう。

  • 7. 使用するマザーボードにあわせスペーサーを取り付け。

  • 8. バックパネルにあわせ取り付けます。

  • 9. バックパネル。

  • 10. バックパネルのツメが端子に入り込まないよう注意!

  • 11. PCケース付属のミリネジでマザーボードをネジ止めしていきます。この時も対角線上に止めます。

  • 12. ミリネジとインチネジを間違えない様注意しましょう。

  • 13.

もくじへ戻る

PCケースに電源取り付け

PCケースに電源取り付け

電源ユニット本体、電源ケーブル、マニュアル

  • 1. ファンが下向きになるように取り付けます。

  • 2. 取り付けた状態。ケースにスリットが無い場合は、ファンを上向きで取り付けます。

  • 3. 付属のインチネジで4箇所ネジ止めしましょう。

  • 4. 4箇所を止めます。

  • 5. インチネジを使います。

  • 6. 止まっている状態。

もくじへ戻る

PCケースにDVDドライブ取り付け

  • 1. フロントパネルを外します。

  • 2. ケース内側からパネルの両サイドのツメを外すと取り外し可能です。

  • 3. 外れました。

  • 4. ドライブ固定用のアタッチメントを外します。

  • 5. 外した状態。

  • 6. DVDドライブをセットしましょう。

  • 7. ネジ穴がぴったりとあっていることを確認します。

  • 8. アタッチメントで固定します。

  • 9. 固定されました。

  • 10. ドライブの反対側はネジ止めするとしっかりと固定できる。(取り付けネジ:ミリネジ)

もくじへ戻る

PCケースにSSD取り付け

PCケースにSSD取り付け

SSD本体、スペーサー、マニュアル

  • 1. SSDを2.5インチスロットへ挿入します。

  • 2. ミリネジで固定します。

もくじへ戻る

PCケースにHDD取り付け

HDDはDVDドライブと同様にアタッチメントで固定できる。必要に応じてネジで固定すると良いでしょう。
ネジで固定する場合、使用するネジはインチネジです。

もくじへ戻る

SATAケーブル接続

SATAケーブル接続
  • 1. SATAコネクタ差込口。

  • 2. 端子はL字になっています。

  • 3. 向きをあわせて接続しましょう。

  • 4. SATAケーブルを各ドライブに接続します。

  • 5. 反対側をマザーボードのSATAポートに接続。

  • 6. 接続された状態。

もくじへ戻る

PCケース配線

  • 1. USB3.0・USB2.0・フロントオーディオ。

  • 2. USB3.0配線 挿す向きに注意。

  • 3. USB2.0配線。

  • 4. フロントオーディオ配線。

  • 5. パワースイッチ・リセットスイッチ・パワーLED・HDD LED 配線。

  • 6. パワー・リセットスイッチ配線。

  • 7. 配線場所はマザーボードに印字されているので要チェック。

  • 8. ▲が印字されている方がプラス。スイッチ・LEDの配線はプラスとマイナスを間違えないよう注意。

もくじへ戻る

電源配線

電源配線
余った配線は、結束バンドなどを使用し、纏めておきましょう。纏めることで、ケース内の空気の流れを良くし、更にケーブルがファン等に絡まるのを防げます。また、裏配線をする事でケース内をスッキリさせ、メンテナンス性も向上できます。

もくじへ戻る

グラフィックボード取付

  • 1. 切欠けの位置を合わせて差し込む。

  • 2. 切欠けを確認。

  • 3. マザーボードに取付ます。

  • 4. 取付した状態。

  • 5. インチネジでネジ止めします。

もくじへ戻る

組立完了

ドスパラ札幌店 info

このパソコンはドスパラ札幌店 ドスパラボで組み立てを行いました。

ドスパラボ
ドスパラボとは・・・
作業スペースレンタルを行っております。お客様のパソコンをお持ち込みいただければ、買ったパーツをその場で取り付けていただけます。パソコン、パーツの検証用品もレンタル可能!店内商品はほぼすべてご購入前にお試しいただけます。ご不明点などありましたらショップスタッフにお気軽にお尋ねください。

パソコン専門店「ドスパラ」ではキャッシュレス決済でご購入いただけます。

キャッシュレス

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら