365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ノングレア液晶と光沢液晶の違いとは?それぞれのメリットとデメリットを徹底解説!

液晶画面は大きく分けて、非光沢タイプと光沢タイプの2種類です。
パソコンを選ぶとき、デザインや価格など比較対象はたくさんありますが、液晶ディスプレイは画面の見え方が左右されるので重要視したいポイントでもあります。
それぞれの特徴やメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

ノングレア液晶と光沢液晶の違いは

液晶ディスプレイには表面加工処理の違いによって、非光沢タイプと光沢タイプの2種類に分けられています。

非光沢のノングレア液晶は画面がツヤツヤしておらず、コントラストに欠けるため、多少ぼやけた印象があるのが特徴です。

光沢液晶はグレア液晶とも呼ばれ、画面がツヤツヤして光反射するタイプです。鮮やかな発色やコントラストが優れており、特に黒が引き締まって見えるので写真や動画がキレイに映るといった特徴があります。

ノングレア液晶のメリット・デメリット

ノングレア液晶は光の反射を抑えるといった特徴もあることから、画面に自分の顔や室内の照明などの映り込みを防ぐことが可能です。また画面にキズが付きにくいのもノングレア液晶の利点のひとつといわれています。そして長時間画面を見ていても目が疲れにくいというメリットもあるので、デスクワークなどのパソコン作業が多い人にはおすすめです。

デメリットとしては、液晶にツヤがないので、画面の見え方が地味な色合いに感じたり、白っぽく見えたりすることもあります。コントラストの高さも多少劣ることから、パソコンで写真や動画を中心に取り扱う場合は、物足りなさを感じるかもしれません。

ノングレア液晶との違いは?光沢液晶のメリット・デメリット

光沢液晶は画面がツルツルしているタイプで、発色が良いので写真や映像がキレイに見えるといったメリットがあります。

一方ツヤのある画面は、自分の顔や照明、背景などが映り込んだり、外光の反射が大きくなったりするデメリットがあります。光が映り込むことで目に負担がかかり、疲れの原因にもなるでしょう。また、光沢液晶は指紋が目立ちやすいという特質があります。

ノングレア液晶と光沢液晶、どちらを選べばいい?

ノングレア液晶と光沢液晶、それぞれメリット・デメリットがあります。

選び方は人それぞれですが、使用する環境を考慮して選ぶ場合は、画面の映り込みに注意が必要です。どの方向からも光が入ってくる環境の場合は、ノングレア液晶のパソコンが適しています。

ノングレア液晶と光沢液晶どちらでも構わないという場合は、使用する用途によって選ぶことで作業効率もアップするためおすすめです。

写真や動画など、画質がキレイに見えた方が良い場合は光沢液晶、ワードやエクセルなどの文書作成はノングレア液晶がおすすめです。また長時間作業する場合も目への負担が少ないノングレア液晶が望ましいです。


パソコンで写真や動画を見る機会が多くなってきていることから、コントラストがキレイな光沢液晶を使用している人が増えてきています。しかし光沢液晶は画面からの光反射が大きいため、目を疲れやすくする原因になりかねません。ノングレア液晶は、発色が地味で鮮やかさには欠けるものの、目の負担は軽減されるので、長時間作業をする人には向いています。パソコンの使用目的によって、自分にあったものを選ぶことが重要です。

投稿日:

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。