好みのUSB機器をBluetoothに変換して使えるアダプタ「USB2BT」ミニレビュー

株式会社ビット・トレード・ワンが11月に発売した「USB2BT」は、マウスやキーボード、ゲームパッドなどのUSB機器をBluetoothに変換してPCやタブレットなどで使用できるようにするアダプタだ。価格はオープンプライスだが、直販サイトでの価格設定は、税抜き5,980円(組立済版)となっている。

別売のBluetoothアダプタ(2.1 EDR以降)とUSBハブを組み合わせることでUSB HIDをBluetooth接続に変換できるもので、好みのUSB入力デバイスを無線化できる製品。変換可能なUSB入力デバイスは同社ホームページにて公開されている。電源はUSB給電に対応し、モバイルバッテリなども利用可能だ。当製品には「キット版」と「組立済版」が用意されているが、今回当編集部で入手したものは「組立済版」だ。「組立済版」にはUSBハブが付属しているが、利用に際しては、Bluetoothアダプタ(2.1 EDR以降)と、USB電源、電源と本体を接続するUSBミニBケーブル、を別途用意する必要がある。

その他、主なスペックは下記の通り。



対象システム Android 4.0以降
iOS(iPhone 3GS、第1・第2世代iPod touch除く)
Windows 7以降
上記システムでBluetooth 2.1 EDR以降を搭載したもの
接続コネクタ USBタイプAコネクタ(USB 1.1フルスピード)
無線方式 Bluetooth 2.1 EDR以降、HIDプロファイル
無線仕様 Bluetoothアダプタに依存
ペアリング方式 SecureSimplePairing方式
常時ペアリング待ち受け
電源 5V(USBミニBコネクタより給電)
重量 約14g(本体)
本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 74×28×10mm(本体、突起部含まず)

・製品情報
USB2BT

P1100211
「USB2BT」本体

P1100205-3
接続に際しては、まず、USBタイプAコネクタ側にあるスイッチ(画像中央部左)が「NORMAL」になっていることを確認する

P1100208-4
USBミニBコネクタを中心に見て、画像左がリセットボタン、右がファンクションボタンだ

P1100121-2
「組立済み版」にはUSBハブが付属する

P1100154
USBアダプタは別途用意する必要があるが、今回はWinten WT-BD202を用いた

P1100169
接続例。画像右側、USBモバイルバッテリーより給電し、画像左側に付属のUSBハブを接続している。USBハブに接続しているのは、BluetoothアダプタとUSBマウスの受信ユニット

P1100190
接続すると、USBミニBコネクタ近くの青色LEDが点灯する

02a
Windows 8.1のBluetoothデバイス接続画面。メーカーの製品ページにはPINコードは求められないとの記載があったが、当編集部の環境ではPINコードを求められた。「0000」を入力して無事接続できた

P1100109-2
市販清涼菓子の外箱を本体ケースとして利用するための穴位置決定用シールが添付される。これを参考にケースをカットする

P1100094-2b
付属品一式

P1100088-2
外装袋。女性キャラクターは、USB2BTメインキャラクター「メイちゃん」とのこと

ニュース

ページトップへ