365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ゲームを快適に!参考にしたいゲーミングPCのデスク周り

ごちゃごちゃとした机の上で、必死にオンラインゲームをしてはいないでしょうか?
パソコンでゲームを快適に遊ぶためには、パソコンのスペックや周辺機器はもちろんのこと、パソコンを使用する周辺の環境にも気を使いたいものです。
快適に遊ぶためにはどういった点を取り入れてみたらよいのか、5つのポイントに絞ってご紹介します。

不要なものは机に置かない

基本的なことですが、オンラインゲームを楽しむにあたって不要なものを机に置かないということが大切です。
ゲームに集中していると、机の上のものに手が触れるだけでストレスと感じることもあります。

さらには、机の上に置いてあるものが邪魔で、ちょっとした瞬間にゲームが不利になってしまうということも。
オンラインゲーム中に不要なものは机の上に極力置かないようにしましょう。

机の上には、モニタ、マウス、キーボードがあれば十分です。
また、飲み物が入ったコップなども中身がこぼれるとハードの故障の原因になりますので、飲み終わったら移動させるようにすると良いでしょう。

L字型の机があれば便利

ゲーミングPCを置くのに利用したいのがL字型の机です。
平机平机よりも、机の面積が広いL字机であるとスペースを有効に使うことができます。

さらに、壁の隅など限られたスペースも有効活用することができます。
パソコンをゲームだけでなく、仕事やプライベートでも活用するという方や、できるだけ収納スペースが欲しいという方はL字型の机を設置してみると良いのではないでしょうか。

また、どうしてもL字型の机を用意することができないという場合や、使用している机自体が低い場合は、同じくらいの高さの机を持ってきて代用してみるのもおすすめです。

収納をうまく使ってかさばるキーボードもスッキリ

デスクトップ型パソコンを使用する場合、パソコンのパーツの中でもキーボードは板状で比較的大きなパーツであるために、机にそのまま置くとかさばってしまいます。
例えば、マウス操作が主体のゲームなど、あまりキーボードを使用しないという場合は、キーボードが邪魔になります。

主にマウスを使用しているという場合は、モニタの下にキーボードを収納できるモニター台を利用する方法があります。
机の上がスッキリして、思う存分マウスを動かすことができます。

邪魔なPCは机の下に

パソコンの中でも大きく、ゲーミングPCでもよく使用されることのあるフルタワーやミドルタワー型のパソコンを机の上に置こうとすると、それだけでもスペースをとってしまいます。
限られたスペースでもゲームを楽しみたいのであれば、パソコンを机の下に収納することも考えておくと良いでしょう。

ただし、そのまま地面に置いてしまってはホコリが溜まりやすくなり、故障の原因になってしまいます。
できれば床から5cmくらいは話しておきたいもの。
既に机に段が設けられているのであれば、段に収まるように、ないようであれば机や壁に板を増設して置くと机の上がスッキリします。
PCのクリーニングを考えるとキャスター付きのデスクトップスタンドを利用すると簡単に移動する事が出来て便利です。

壁をうまく利用する

壁というスペースをうまく利用するのも、デスク周りを自由に使うためのコツです。
例えば、モニタを2台3台置きたいと思ってもスペース的に置くのが難しいことがありますよね。

そんなときは、壁にモニタをかけるなどうまく壁を活用することによって、机の面積を節約することができます。
地震などもしものときのことを考えて、金具などでしっかり固定しておくとより安心です。
壁が利用でいない場合はモニターアームを使ってモニターを設置する事で机の上を広く使うことも可能です。
また、モニタだけでなく、フックを利用してヘッドフォンなどを収納するようにすると机の上がものであふれることも防げるのではないでしょうか。

ゲームに集中できる環境をつくるためには、デスク周りにも気をつかいたいものです。
まずは、ゲームに不要なものは置かないということを徹底しましょう。
そして、T字型の机や収納台などうまく活用することで、限られたスペースを有効活用し、快適にゲームを楽しむための環境づくりを行っていきましょう。

投稿日:


ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。