365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ノートパソコンを長持ちさせる冷却台の種類紹介

ノートパソコンは小型の筐体の中に熱を発する部品を満載しているので、熱を逃がしにくく、溜まった熱で部品の寿命が縮まり、デスクトップパソコンと比べると長持ちしないという欠点があります。
そこで、ノートパソコンの熱を逃がしやすくするために冷却台が必要になるのです。
冷却台にも特徴や種類あるので何でも良いというわけではありません。
今回はそんなノートパソコンの冷却台についてご紹介していきます。

よくわからない時は安価でシンプルな冷却台

冷却台はノートパソコンを載せる台とファンがあればとりあえず必要な冷却効果が得られます。そのため、非常にシンプルなモデルではプラスチックの台にファンが付いただけというような冷却台もあるのです。
価格も千円ちょっとで手に入る上、あまりにシンプルで安いので効果が得られるか疑問に思う人もいますが、全く使わない状態と比べると雲泥の差があります。

冷却台は下から冷却するのですが、下部にスリットが沢山ついていて沢山の空気を取り入れられるようになっているタイプのノートパソコンなら冷却台の効果は絶大です。
あまりノートパソコンを酷使することがないという方や本当に効果があるのか疑問に思っている人はとりあえずシンプルなモノを選ぶと良いでしょう。

金属製で多数の大型ファンを備える高性能冷却台

ファンが強力であればそれだけ多くの空気をノートパソコンに入れられますし、金属製の台座ならノートパソコンの熱を吸熱して冷却効率を高めてくれるでしょう。そのため、高性能な冷却台は金属製で冷却ファンも大型です。

大型のファンを一枚つけているものと小型の冷却ファンを数台取り付けているモデルがありますが、どちらかと言うと大型のファンを搭載しているものの方が冷却能力は高い傾向にあります。ただ、それも僅かな差ですのでさほど気にする必要はないでしょう。

静音性が高くて音の気にならない冷却台

ノートパソコンで使用する冷却台の欠点として挙げられやすいのがファンの回転による音です。ファンの回転数が多くなれば多くなるほど騒音が大きくなりますし、少なければ小さくなります。

つまり、冷却力が高くなれば高くなるほど騒音が大きくなるのです。

これは冷却台を使う上で無視できないデメリットですが、冷却台の中にはこの静音性を重視したモデルもあります。
騒音の出にくいモーターやファンを採用することで回転数が多い時にも騒音が減るようになっています。冷却力よりもファンから出る騒音が気になる人は静音モデルを購入すると良いでしょう。

ファンの位置を変えられる可変タイプの冷却台

ファンを大きくしてたくさんつければ冷却力は高くなりますが、それよりももっと良い方法がパソコンの放熱部分に合わせてファンを設置することです。ノートパソコンの下部はケースで大部分が覆われており、完全に覆われている部分に空気を当てても意味はありません。
吸気口のあるスリットの位置はノートパソコンによってバラバラなので、とにかく広範囲に空気を当てようとする冷却台もありますが、これだと騒音も大きくなります。
そこで、小型のファンの位置を変えられる冷却台を使うことで、ピンポイントに吸気口のある場所に空気を送り込むことができるようになるのです。
騒音の少ない最小限のファンで最大限の効果を得られるのが、この可変タイプの冷却だと言えるでしょう。

冷却台の効果というのはなかなか目に見えるものではありません。
ノートパソコンによって効果はまちまちですし、劇的に効果の出るノートパソコンもあれば大して効果の無いノートパソコンもあります。
使ってみなければ分からないというのが本当のところですが、ノートパソコンの寿命をのばすという意味で冷却台を持っておいても損はないでしょう。

投稿日:

ノートパソコン人気ランキング

ノートパソコン人気ランキング

Altair VH-AD3L

約7.9時間の長時間バッテリー搭載
ストレージ倍増の最新モデル

Windows 10 Home

Celeron N3450
インテル HD500
4GBメモリ

レビュー募集中

(+税)~

スペック詳細を見る

Altair F-13

持ち運びにも便利
13.3型液晶搭載モバイルノート

Windows 10 Home

Core i5-7200U
インテル HD620
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

Critea VF-AGK

見やすく操作しやすい大画面ノート
17.3型フルHD液晶搭載。

Windows 10 Home

Core i5-7200U
インテル HD620
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る


ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。