365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ドライブレコーダー取り付け講座

あなたにもできる!ドライブレコーダー取り付け講座

◎ 交通事故に巻き込まれたとき、記録映像が証拠や資料になる
◎ 交通事故を装った詐欺(当たり屋)の被害を回避できる

などなど、車に取り付けておくと、色々なメリットがあるドライブレコーダー(DR)。
設置にはちょっとした専門知識や技術がいるように感じますが、実際は、手順とポイントさえ知っておけば、初めての方でも問題なく取り付けられます。
このページでは、ドライブレコーダーの取り付けをお考えの方に向けて、設置の手順をわかりやすく解説しています。

ドライブレコーダー取り付けの注意点

ドライブレコーダーを取り付けるときには、下記の2点に注意が必要です。

◎ ドライブレコーダーがドライバーの視界を遮らないようにする
「自動車検査独立行政法人 審査事務規定」による保安基準では、“フロントウィンドウの上端から上下方向に20%(1/5)以内の場所”が、安全基準に適合した位置と定められています(2015年12月現在)。

◎ 雨天時でも動画が鮮明に撮れる方向にカメラを向ける
雨天時にも鮮明な画像を撮るには、ワイパーが雨をふき取る範囲にカメラを向けておく必要があります。
ドライブレコーダーの設置は、この2点を押さえておけば、まず失敗はありません。

初めてでも失敗しないドラレコ設置の手順

ドアのゴムレールを外す

ドライブレコーダーの配線は、Aピラーを外してその内側に通すのが一般的です。そして、Aピラーを外すにはまず、ドアのゴムレールを外す必要があります。

ゴムレールは、ウィンドウの角(写真1)の部分に指を押しこむと、簡単に外れます。その外れた部分を起点に、(写真2)のようにゴムレールを外してください。


Aピラーを外す

ゴムレールを外したら、次にAピラーを外します。

ゴムレールを外したところからは、Aピラーの隙間が見えます。その隙間に指を入れて、軽く引っ張ってください。Aピラーはツメで固定されているだけなので、少し力を入れれば外せます。Aピラーを外すと、いくつかの配線が通っているのが見えます(写真3)。 ここに、ドライブレコーダーの配線を赤線のような感じで通して、Aピラーを元どおりに取り付けてください。

※Aピラーを取り外す作業では、指を挟むなどしてケガをしないようご注意ください。
※サイドエアーバッグ装着車はエアバックが収納されている場所なので、作業の際はご注意下さい。

【 TOPIX 】
Aピラーを外したくないのなら、(写真4)のように配線止め金具を使って、表面に配線を通す方法もあります。こちらの方法だと、ゴムレールを外す必要もなく、作業を短縮できます。


電源をつなぐ

フロントガラス付近にあるAピラーの隙間から、ヒューズボックスまでドライブレコーダーの配線を通します。上から下に配線を通して、運転席の下側にあるヒューズボックスのカバーを外して、通した配線をつかんでください(写真5)
通した配線をシガーソケットに差し込みます(写真6)

シガーソケットをスマホなどの充電にも使う場合は(写真7)のようなシガーソケット充電器を用意するといいでしょう。
ドライブレコーダー本体への給電は、3~4メートルのUSB⇒microUSBケーブルで行います。その場合も、配線の手順はこれまで説明した通りでOKです。


フロントガラス上部にケーブルを配置

電源をつないだら、ケーブルのもう片方をドライブレコーダー本体に接続できるよう、フロントガラス上部に配置します。まずは、フロントガラスの上部に配線止めを取り付けてください(写真8)
そこにケーブルのもう片方の端を留めて、ドライブレコーダー本体に届くよう20cm~30cmほど出しておきます(写真9)
出したケーブルは、ガラスと内張りの間に押し込んでおきましょう。(写真10)


ドライブレコーダー本体を設置する

ドライブレコーダーの取り付け台は、フロントガラス上部中央のワイパーが届く場所に設置します(写真11)
配線をつなげて本体を起動し、録画される範囲を映像で確認しながら取り付け位置を決定。最適な位置に設置したら、作業は完了です(画像12)

上海問屋のおすすめドラレコ

ルームミラー型ドライブレコーダー ルームミラー型ドライブレコーダー

4.3インチのモニターを搭載した、ルームミラー型のドライブレコーダーです。録画のON/OFFはエンジンに連動していて、撮り損ねる心配はありません。また、ルームミラーとしてもワイドサイズで視界が広く、ブルーコートの防眩仕様なので、夜間は後方からのヘッドライトの眩しさを大幅にカットしてくれます。運転中の安全性を高める意味でも、利用価値の高いアイテムです。

高感度ドライブレコーダー 高感度ドライブレコーダー

高感度CMOSセンサー+WDR機能搭載!

昼でも夜でも、天気が良い日でも悪い日でも、鮮明な動画を撮影できる高感度ドライブレコーダーです。
運転中の常時録画や、衝撃があった瞬間の映像を保護するGセンサーなど、万が一の事故に備える機能も満載。

赤外線ライト4灯 ミニドライブレコーダー 赤外線ライト4灯 ミニドライブレコーダー

フルHD(1080p)で全自動録画!
動画は最大1920×1080pのフルHDで撮影可能。また、レンズ視野角(対角)120度、記録画角(対角)約90度の広角度撮影で、斜めから飛びだした自転車や歩行者も記録できます。
ドライブレコーダー本体には、赤外線LEDが4灯搭載されています。動画・画像の撮影モードで電源ボタンを押して点灯させると、夜でもくっきり撮影できます。

バイク用ドライブレコーダー バイク用ドライブレコーダー

バイクの前面に取り付けることで走行中の動画を撮影できる、バイク用に特化したドライブレコーダーです。フルHDで長時間の撮影ができるので、万が一の事故が起こった場合の記録はもちろん、ツーリングの景色をバイク特有の低い目線で撮ったムービーや華麗なバイクテクニックの動画も思いのままに撮影できます。防水規格IP64で雨天でも問題無しです。

上海問屋のおすすめのシガーソケット

シガーソケットUSB充電器 シガーソケットUSB充電器

自動車のシガーソケットに接続してUSB機器の充電を行える、シガーソケット充電器です。USBポートを2口搭載しており、最大4.2Aの出力が可能。iPhoneやスマートフォン、iPad等のタブレット機器をらくらく充電できる大容量タイプで、iPadの2台充電も行えます。

4.8A大容量 シガーソケットUSB充電器 4.8A大容量 シガーソケットUSB充電器

出力2.4AのUSBポートを2基搭載したシガーソケット充電器です。合計4.8Aの大容量で、2台のタブレットを同時に急速充電できます!
USBポートはiOS、android(アンドロイド)両方に対応。iPhone6s/6s PlusやiPad、android系のスマホ・タブレットをスピーディーに充電可能です。

QC2.0対応 シガーソケットUSB充電器 QC2.0対応 シガーソケットUSB充電器

いまやドライブ中もスマホを充電するのが当たり前。ですが、シガーソケットからの充電に「遅いなぁ…」、「たまってないなぁ…」と不満を抱いている方、少なくないのでは?このシガーソケットUSB充電器は、QC(クイックチャージ)2.0対応のスマホを急速充電できる優れモノ。1時間程度のちょっとしたドライブでも、電池をしっかりチャージしてくれます。

ドライブレコーダーの取り付けに便利なアイテム

内張り剥がしセット 内張り剥がしセット

クルマのダッシュボードまわりや、ピラー等のパネル、ドア内張りなどを外す時にあると便利な工具セットです。内装にキズがつきにくいプラスチック製の内張りはがしに加えて、デッキ外し、メーターパネル外しも同梱。計12種類のツールが揃っています。

ケーブル固定クリップ ケーブル固定クリップ

USB充電ケーブル、ACアダプターなど、邪魔になりがちなケーブルを壁やデスクの裏などに固定できるクリップです。粘着テープ式で、どんな場所でも手軽に取り付けられます。ドライブレコーダーをDIYで設置する時に、アダプターのコードをAピラーに固定するなど、いろいろな用途にご活用いただけます。

ページTOPへ

※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。