365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

デスクトップパソコンで掃除すべきポイント

デスクトップパソコン本体の内部は、普段は開けることがありませんが、実は結構ホコリが溜まっています。ホコリが付いたままでは、ショートして故障や出火の原因になったり、冷却性能が落ちて熱暴走を起こすなど、大きなダメージを受けてしまいます。そうならないためにも、時々掃除をして、大事なパソコンを守りましょう。

掃除をする時に気をつけるポイント

掃除をする時には、掃除機やハンドクリーナー・エアダスター・ピンセット・除電ハケ・静電気防止用手袋を準備します。

デスクトップパソコンを掃除する前には、必ずパソコン本体とモニターの電源を切り、電源ケーブルもコンセントから抜いておきます。また、静電気によるパーツの故障といったトラブル防止や、感電などの事故防止のためにも、あらかじめ金属に触るなどして静電気を除去しておきましょう。
しばらく掃除をしていないデスクトップパソコンには、ホコリがたくさん付いていることと思います。掃除をする時にはホコリが飛んでもよい場所で行い、マスクもしておくとよいかもしれません。

パソコンケースの外側は、固く絞った布で汚れを拭き取っても大丈夫ですが、精密機器である内部のPCパーツは水気を嫌います。
水拭きはしないようにしましょう。

吸気口やファンの掃除の方法

デスクトップパソコン本体を掃除する時は、まず外側から始めていきます。
吸気口や排気口付近についているホコリを、掃除機とハケを使ってしっかり取り除きましょう。
外側の掃除が済んだら、PCケースの蓋を外し、内部を掃除します。

内部には、マザーボードなどの精密機器があるので、静電気防止用手袋を着用し、故障しないように慎重に掃除を行います。

マザーボードから離れたところのホコリは、掃除機で吸い取ってもかまいませんが、基盤の近くでは掃除機は使わないでください。

ファンに詰まっているホコリは除電ハケやピンセットで丁寧に取り除いていきましょう。

ケーブル類のホコリも除電ハケを使って落としておきます。ケーブル類は、ウエットティッシュで拭きとっても大丈夫です。
この時、マザーボードに触れないように十分気をつけてください。

マザーボードやグラフィックカードの掃除の方法

マザーボード以外の場所のホコリ除去が終わったら、CPUやメモリーカードのあるマザーボードや、グラフィックカード(VGAカード・ビデオカード)の掃除をします。

特にマザーボードはとてもデリケートなパーツなので、掃除機を使ったり、除電ハケなどで直接触るようなことは絶対にしないでください。

エアダスターを使ってホコリを吹き飛ばしていきます。エアダスターを使う時は、ホコリが飛ぶので、ホコリが舞い上がっても大丈夫な場所で行いましょう。また、マスクも忘れずに着けておきます。

最後に、全体にもエアダスターを吹いて、細かいホコリを飛ばせば、デスクトップパソコン本体の掃除は完了です。

周辺機器の掃除

デスクトップパソコン本体の掃除と一緒に、周辺機器も掃除しておきましょう。

キーボード
キーとキーの隙間にホコリやゴミがたまりやすいので、掃除機で吸ったり、エアダスターで吹き飛ばします。その後、キーボード用のブラシや綿棒でキー側面を拭きます。
キートップは、外して洗濯ネットに入れ、中性洗剤でもみ洗いするときれいになります。キーボードによってキートップの外し方が違いますので、確認してから外すようにしましょう。掃除後に元に戻す際に順番がわからなくならないよう、外す前に写真を撮っておくとよいでしょう。

マウス
手で握る部分は、水や中性洗剤を含ませた布を固く絞り、拭き取ります。
底にあるセンサー部分は、傷がつくと正常に動作しなくなったり、故障の原因になりますので、マウス専用クリーナーやエアーブラシで汚れを落とします。

ディスプレイ
ディスプレイの表面には特殊なコーティングがしてあり、ダメージを受けると表示ムラなどの症状を引き起こすことがあります。
アルコール成分に弱く、ティッシュなどの研磨作用で傷がつくことがあるので、エアダスターでホコリを吹き飛ばした後、ディスプレイ専用のクリーナーで拭いておきましょう。

手順や、してはいけないことを守っていれば、掃除は簡単に行うことができます。初めて内部を見ると、色々なパーツがあって戸惑うかもしれませんが、無理にコードやパーツを動かしたりしなければ大丈夫です。自分で掃除をするのが不安な方は、クリーニングサービスを行っているパソコンショップに依頼してみるのもよいでしょう。

投稿日:

タワーパソコン人気ランキング

タワーランキング 1位
Monarch XT

Windows 10 Home、Core i7、GeForce GTX960搭載

タワーランキング 2位
Monarch GE

Windows 10 Home、Core i7、インテルHDグラフィックス530搭載

タワーランキング 3位
raytrek LC M2

Windows 10 Home、Core i7、Quadro M2000搭載

ミニタワーパソコン人気ランキング

ミニタワーランキング 1位
Magnate IM

Windows 10 Home、Core i5、インテル HDグラフィックス530搭載

ミニタワーランキング 2位
Magnate MX

Windows 10 Home、 Core i7、GeForce GTX750Ti搭載

ミニタワーランキング 3位
Regulus AM

Windows 10 Home、AMD A4-7300、AMD Radeon HD8470D搭載

スリムパソコン人気ランキング

ミニタワーランキング 1位
Slim Magnate IE

Windows 10 Home、Core i3-6100、インテル HDグラフィックス530搭載

ミニタワーランキング 2位
Slim Magnate IM

Windows 10 Home、Core i5-6500、インテル HDグラフィックス530搭載

ミニタワーランキング 3位
Slim Regulus AM

Windows 10 Home、AMD A4-7300、AMD Radeon HD8470D搭載

ページTOPへ

※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。