365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

Palit
ビデオカードにフォーカスして活躍するグローバルブランド

 Palit Microsystems(以下Palit)は、1988年に台北で設立されて以来、主にビデオカードにフォーカスして製品開発、事業展開を行っている歴史のあるPCパーツベンダーだ。

 台湾本社のほか、香港に流通拠点、中国に自社工場を構え、欧米の拠点としてドイツにも支社を置いており、世界中に販売網を展開。ビデオカードのグローバルにブランドとして長年活躍を続けている。

 中国にある自社工場の生産規模は、1日最大800万コンポーネント、毎月最大で120万製品を出荷することが可能だという。品質を維持するため、設備は、すべてISO9000の品質基準要件を満たしているという。こうした客観的な基準に裏付けられた高品質、生産能力は大きな強みといえる。

同社は、これまで日本市場では大々的なPR活動を行っていないが、10年以上前から着実に実績を積み重ねている。Webでビデオカードの価格情報などを調べた際に見かけることも多いのではないだろうかキャンペーン期間。

同社は、これまで日本市場では大々的なPR活動を行っていないが、10年以上前から着実に実績を積み重ねている。
Webでビデオカードの価格情報などを調べた際に見かけることも多いのではないだろうかキャンペーン期間。

毎月最大で120万製品を出荷できる大規模な生産工場を中国に構えている。

毎月最大で120万製品を出荷できる大規模な生産工場を中国に構えている。

バラエティに富むラインナップでニーズに応える

 自社工場の高い生産能力に加えて、開発段階からのNVIDIAとの強固なパートナーシップが強みで、さまざまなバリエーションのNVIDIA GPUを搭載した製品を開発し、ラインナップしている点はPalitの大きな特徴となっている。

 たとえば、同社のWebページには、GeForce GTX1000シリーズのビデオカードだけでも27製品(2017年2月10日時点)が掲載されている。GeForce GTX1080からGeForce GTX1050までの各グレードを揃えるのはもちろん、「Game Rock Premium Edition」「Super JetStream」「JetStream」「Dual」「StormX」「KalmX」など、見た目やサイズ、冷却性能、静音性などそれぞれ個性の異なるカードを揃え、エンドユーザーのさまざまなニーズに応えることができる。

 なお、Palitのすべての製品は、WHQL(Windows Hardware Quality Labs)認証を取得しているという。つまりWindows対応製品としての互換性が保証されているということで、エンドユーザーにとっては安心感が高いといえるだろう。

開発力生産の高さとNVIDIAとの強いパートナーシップにより、数多くのNVIDIA GPU搭載ビデオカードを揃える。日本語のWebページにも多数のビデオカード製品が掲載されている。

開発力生産の高さとNVIDIAとの強いパートナーシップにより、数多くのNVIDIA GPU搭載ビデオカードを揃える。
日本語のWebページにも多数のビデオカード製品が掲載されている。

Palitの日本語Webページはサポートページもなかなか充実している。ドライバーやユーティリティ、壁紙などのダウンロードサービスのほか、FAQも用意されている。

Palitの日本語Webページはサポートページもなかなか充実している。
ドライバーやユーティリティ、壁紙などのダウンロードサービスのほか、FAQも用意されている。

ダウンロードサービスの壁紙は、定期的に追加されている。デザイン的にも凝っており、エンドユーザーにとっては気分が盛り上がるうれしいサービスだ。

ダウンロードサービスの壁紙は、定期的に追加されている。
デザイン的にも凝っており、エンドユーザーにとっては気分が盛り上がるうれしいサービスだ。

Reported by 鈴木雅暢

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。