8/29午前10時までパソコン送料無料!ドスパラは365日最短当日出荷!

デスクトップパソコンって何?

デスクトップパソコンとは、簡単に言うと机の上などに据え置いて使うパソコンのことです。

使用する際は、パソコン本体以外に周辺機器――操作画面を映すためのモニターや入力機器のキーボード、マウスなどが必要になりますが、それらは別途用意するものなので、環境や好みに合わせて選ぶことができます。

モニターなら画面の大きさや表示の細かさといった性能、マウスなら持ちやすさやボタンの数、キーボードであればキー配列やキータッチの感触など、自分にとって快適な操作環境を選択・構築できるのが、デスクトップパソコンの魅力のひとつです。

デスクトップパソコンの特徴

デスクトップパソコンがどんなものか大まかに触れたところで、次は4つの要点――性能、拡張性、操作性、携帯性について詳しく説明していきます。

性能

同じ価格帯のノートパソコンと比較した場合、デスクトップパソコンの方が性能は高くなります。
性能とサイズの両立にはコストがかかるため、同性能でも小型なパソコンの方が高額になる傾向があるからです。
そのため、デスクトップパソコンには価格あたりの性能が高い――コストパフォーマンスに優れるものが多いです。
性能

拡張性

パソコンの拡張性はPCケースの大きさに比例するため、筐体内部のスペースに余裕があるデスクトップパソコンは拡張性に優れています。
まず、単純に数多くのPCパーツを搭載することができます。
さらに、超高性能なPCパーツにはサイズがとても大きなものもあるのですが、内部スペースの広いデスクトップパソコンであれば、余裕を持って組み込むことができます。
また、デスクトップパソコン用のPCパーツは種類・数ともに豊富で、カスタマイズの選択肢が多いのも魅力でしょう。
筐体カバーの取り外しが容易で、パーツの組み込みや清掃がしやすく、メンテナンス性が高いのもメリットです。
拡張性

操作性

モニターやマウス、キーボードを自由に選択できるため、自分にあった製品を導入することで高い操作性を得られます。
自分にあったモニターやマウス、キーボードを探すには、性能や機能を確認するだけでなく、実際に触れてみるのも手です。
その際は是非、全国のドスパラ店舗へお越しください。展示品を使ってみたり、店員に相談したりすることで、より自分に合った製品を見つけられるでしょう。
操作性

携帯性

拡張性、性能、操作性が高いデスクトップパソコンですが、その代わり携帯性は低くなっています。
デスクトップパソコン一式はかさばりますし、重量もかなりのものになるので、移動には相応の労力が必要です。
そのため、持ち運ぶのではなく、決めた場所に設置して使うのに適しています。
携帯性

デスクトップパソコンを選ぶ基準

一言にデスクトップパソコンといっても、形態や性能の異なる様々なモデルが存在します。
実際に店舗を訪れたり、通販サイトをのぞいたりした際、ずらりと並ぶパソコンの数々に、どれを選べばいいのか混乱する方もいるでしょう。
そこで、デスクトップパソコンを選ぶ際の基準について触れていきます。

サイズで選ぶ

デスクトップパソコンを使うには設置スペースが必要です。
どんなに高性能なパソコンも、必要な場所に置けなくては意味がありません。
そのため、デスクトップパソコンを選ぶ際、サイズはとても重要です。
ドスパラではタワー型、ミニタワー型、スリム型といった標準的なサイズのデスクトップパソコンから、スティック型、ミニ型と呼ばれる手のひらサイズのものまで幅広く扱っています。
各サイズの特徴をつかむことが、自分の環境に合ったパソコンを選ぶ第一歩になるでしょう。

タワー型

タワー型は一番サイズが大きく、広い設置スペースを必要としますが、拡張性はもっとも高くなります。
内蔵できるPCパーツの数が多く、種類が豊富なのもポイントです。
一部の超高性能なPCパーツはサイズがとても大きく、タワー型でないと搭載が難しくなります。
後々カスタマイズを視野に入れている方はぜひタワー型を検討してみてください。
筐体内部が広いため、PCパーツの交換・増設をする際に作業がしやすいのもメリットです。
十分な設置スペースがあり、カスタマイズを十二分に楽しみたい方は、タワー型のデスクトップパソコンがよいでしょう。
タワー型

ミニタワー型

ミニタワー型はその名のとおり、タワー型を一回り小さくしたタイプのパソコンで、設置スペースと拡張性のバランスがよいのが魅力です。
タワー型より小さいといっても、筐体内部には十分なスペースがありますから、ほとんどのハイスペックなPCパーツを組み込むことができ、カスタマイズも十分にお楽しみいただけます。
設置スペースと拡張性をバランスよく求めるのであれば、ミニタワー型のパソコンがおすすめです。
ミニタワー型

スリム型

省スペースを重視したタイプで、タワー型やミニタワー型よりも薄く小さいのが特徴です。
設置場所を選ばず、デスク上のスペースを有効活用できるのが最大のメリットになります。
机上ラックやスチールシェルフなどにも容易に設置ができます。
筐体のサイズは小さいですが、簡単なカスタマイズであれば対応可能です。
デスクスペースに余裕を持ちたい方には、スリム型が適しています。
スリム型

スティック型、ミニ型

スリム型よりもさらに小型化されたデスクトップパソコンがスティック型、ミニ型で、手のひらサイズの小型パソコンやポケットに収まるスティックパソコンなどが分類されています。
メモリやHDDなどに限定はされますが、カスタマイズに対応しているモデルもあります。
ノートパソコンよりもさらに小型でありながら、デスクトップパソコンの操作性を持っているのがメリットです。
また、見た目の可愛らしさからインテリアとしての魅力も見出す方もいます。
スティック型、ミニ型

性能で選ぶ

サイズと同様に、性能もデスクトップパソコンを選ぶ基準のひとつです。
ここではパソコンの性能を決める主要なPCパーツ――CPU、メモリ、ビデオカード、ストレージの4種類について説明していきます。
なお、パソコンを何に使うかで求められる性能は変わります。性能を基準に考える場合、使用目的を意識するようにしましょう。

CPU

CPUは人間の頭脳に相当するもので、性能が高いほど処理速度が向上します。
インターネットやメール、文書作成といった普段使い程度なら気にしなくてよいですが、大量のデータを処理する3Dゲームやクリエイターソフトを快適に動作させたい場合は、高性能なCPUが搭載されているモデルを選ぶのがよいです。
インテル(Intel)社とAMD社が販売しているものが主流で、用途にあわせたさまざまなシリーズが存在します。
CPU

■インテル(Intel)


低価格が魅力の「Celeron」、普段使いには十分な性能の「Core i3」、価格と性能のバランスがよい「Core i5」、もっとも高性能な「Core i7」と、幅広いニーズに合わせた製品群が魅力です。
あなたの求める性能のCPUがきっと見つかるでしょう。

■AMD


AMDのCPUはコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。
安価で高性能なCPUをお求めであれば、AMD製のCPUがおすすめです。

メモリ

パソコン上で処理するデータが一時的に保存される場所で、ソフトを動かすとどんどんメモリの容量を使うことになります。
容量が不足するとパソコンの処理速度が著しく落ちるので注意しましょう。
インターネットやメール、書類作成程度なら4GBもあれば十分。
PCゲームや動画・画像編集ソフトなどを使う、あるいは多数のソフトを同時に動かすのであれば、8GB以上搭載しているものが望ましいです。
メモリ

ビデオカード
(グラフィックス機能)

グラフィックス関連の処理を担うPCパーツで、最新の3Dゲームのように、膨大なグラフィックス処理を行なう際に活躍します。
グラフィックス機能は、ほとんどのパソコンでCPUにも内蔵されています。
そのため性能を求めないのであれば必ずしも必要なパーツではありません。
ビデオカードで有名なのはNVIDIA社の「GeForce」シリーズとAMD社の「Radeon」シリーズです。
それぞれ異なる特徴を持つので、使用目的によって、種類や有無を検討するとよいでしょう。
ビデオカード

■NVIDIA GeForce


動作が安定するゲームタイトルが多いので、PCゲームを遊ぶのが目的であれば「GeForce」シリーズがおすすめです。

■AMD Radeon


動画再生を支援する技術が優秀なため、映画鑑賞が目的ならば「Radeon」シリーズがおすすめです。

■CPU内蔵グラフィックス

オフィスワークや、インターネット閲覧が中心で、ゲームや動画編集などを行なわないのであれば、ビデオカードは不要です。
その分予算を他に振り分けてもよいでしょう。

ストレージ

パソコン上で扱うデータを保存するPCパーツで、デスクトップパソコンの場合、HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の2種類が主流になります。
どちらにもメリットがあるので、パソコンに求める性能を吟味して選択しましょう。
もしくは、両方とも搭載して、それぞれのメリットを受けるのも手です。
ストレージ

■HDD

HDDの魅力は安価に大容量を確保できることです。
ゲームや動画編集などが目的の場合は、大量のデータを保存することになるでしょうから、大容量のHDDを搭載すると余裕ができます。

■SSD

SSDはデータへのアクセス性能が高いのがメリットです。
HDDと比べ何倍も高速にデータを読み書きすることができるので、パソコンの処理速度を十全に引き出すことができます。
特にパソコンの立ち上げ(OSの起動)はとても速くなります。
パソコンをより快適に動かしたい場合は、SSDがおすすめです。

「推奨モデル」から選ぶ

特定のソフトの使用が目的であれば、「推奨モデル」を選択するのも手です。
「推奨モデル」とは、メーカーが公式発表している動作環境を満たしているか、それ以上のスペックを持つパソコンのことで、動作が保証されているのが最大のメリットです。
ドスパラではゲーミングパソコン「GALLERIA」で各種ゲームの推奨モデルを、クリエイター向けパソコン「Raytrek」にて3DCG、イラスト、動画編集、音楽制作用ソフトなどの動作確認済みモデルを販売しています。

デスクトップパソコンの購入例

次はドスパラ通販でデスクトップパソコンを購入する流れを解説します。
使用目的が「普段はインターネット閲覧や動画サイト閲覧、週末たまに3Dゲームや映画鑑賞」の場合を例に、ドスパラ通販サイトで購入するパソコンを絞り込んでいく様子を見ていきましょう。

1.サイズからパソコンを選ぶ

まずはサイト上部にあるグローバルメニューから目的のカテゴリーを選択。「デスクトップパソコン」にカーソルを合わせると、メニューが展開されるので、何を基準にパソコンを選ぶのかを決めます。
目的に3Dゲームがあるので、ゲームソフトを安定して動かせる「GeForce搭載」で絞り込んでもいいのですが、設置スペースも気になるので、今回はサイズを基準にしました。
設置スペースはそこそこ確保でき、何年後かにはカスタマイズしてアップグレードもしてみたいので、設置スペースと拡張性のバランスがよいミニタワー型を選びます。
展開されたカテゴリーから「ミニタワー」をクリックして、ページを移動します。

サイズからパソコンを選ぶ

2.モデルマップから自分に合った性能のモデルを選択する

「ミニタワー」の詳細ページに移動すると、モデルマップが表示されます。
これはドスパラで現在販売しているパソコンの性能を、CPUとグラフィックスの性能をもとに並べ、目に見える形で対比・確認できるようにしたものです。
セール情報や特価カスタマイズ、無料アップグレードなどの情報も載っているので、お得なモデルを探すのにも使えます。
このモデルマップを参考に、自分の要望を満たすスペックのパソコンを絞り込んでいきましょう。
今回は、使用目的に「3Dゲーム」があるので、ビデオカード搭載モデルから選ぶことにします。
また「3Dゲーム」には処理が重いものもあるため、CPUの性能もそれなり欲しいところ。
性能や値段、各種特典などを加味して、このパソコンを選びました。
モデルマップ上に表示されている目的のパソコンをクリックすれば、商品詳細ページへ移動します。

モデルマップから自分に合った性能のモデルを選択する

3.商品詳細ページでスペックを確認する

商品詳細ページでは、選んだパソコンのイメージ画像やより詳細なスペックを確認できます。
CPUの性能やメモリの容量、ビデオカードの有無にストレージの構成など、自分が望む仕様を満たしているかをチェックしていきます。

商品詳細ページでスペックを確認する

4.カスタマイズの検討

スペックに問題がなければ、「構成内容を変更せずそのままカートに入れる」ボタンを押してカート画面に移り、購入手続きに進みます。
ですが、今回は目的のひとつに「映画鑑賞」があります。せっかく映画を観るなら、より高画質・高音質で楽しみたいですよね。
そこで光学ドライブを、初期の「DVDスーパーマルチドライブ」から「ブルーレイドライブ」に変更することにしました。
「構成内容を変更する」ボタンをクリックして、カスタマイズ画面に移動します。

カスタマイズの検討

5.カスタマイズする

カスタマイズ画面に並ぶカスタマイズ項目から「光学ドライブ」を選び、変更します。
このパソコンの場合、ブルーレイドライブを3種類から選択できます。
せっかくなので、少し奮発して「Pioneer製ブルーレイドライブ」を搭載することにしました。
選択したカスタマイズの内容は、カスタマイズ画面下部にある「カスタマイズ」欄に表示されます。
また、「お見積もり金額」欄からはカスタマイズ後の価格が確認できますので、予算と相談しつつ、カスタマイズの内容を決めていきましょう。

カスタマイズする

6.カートから購入手続きへ

カスタマイズの内容が決定したら、「カートに入れる」ボタンからカート画面に行きます。
故障やカスタマイズのサポートが欲しい場合は、ここでセーフティサービスの申請を。
こちらはカスタマイズ画面でも選択できますので、万が一の備えが欲しい方は、加入を検討してみてください。

カートから購入手続きへ

ドスパラのデスクトップパソコン

最後に、ドスパラで扱っているデスクトップパソコンを紹介します。
ドスパラではサイズや用途にあわせた複数のシリーズを展開していますが、その中でも「GALLERIA」「Monarch」「Magnate」の3つが高い人気を誇っています。
また、スティックPCの「Diginnos Stick」は、従来のデスクトップパソコンと異なる使い方もできることから、注目を集めています。
デスクトップパソコンをお求めの際は是非、ご購入を検討してみてください!

「GALLERIA」シリーズ(ガレリア)

PCゲームを快適にプレイできるよう、最新かつ高性能、そして安定と信頼、品質にこだわって製造されているゲーミングパソコンです。
各種ゲームタイトルの推奨モデルも販売しているので、あなたの求める1台がきっと見つかるはずです。
「GALLERIA」シリーズ

「Monarch」シリーズ(モナーク)

拡張性に優れたタワー型を中心とするシリーズ。
より高性能なパソコンを構築したい、あるいはカスタマイズをとことん楽しみたいという方におすすめです。
「Monarch」シリーズ

「Magnate」シリーズ(マグネイト)

性能と拡張性、設置スペースのバランスがよい、ミニタワー型やスリム型を中心に展開するシリーズ。
ドスパラでも特に人気の高いシリーズで、幅広い用途に使えるのが魅力です。
「Magnete」シリーズ

「Diginnos Stick」シリーズ(デジノススティック)

ポケットにすっぽり収まるスティックパソコンのシリーズ。
家庭用のテレビなどHDMI端子のある機器と接続することで、さまざまな使い方ができます。
たとえば、タッチ対応モニターと組み合わせれば超大型タブレットのように扱えます。
また、その小ささを生かして、屋外や店頭でのデジタルサイネージ(ディスプレイやプロジェクタなどで映像や情報を表示する電子広告媒体)などにも活用できるでしょう。
「Diginnos Stick」シリーズ

デスクトップパソコン(PC)のカスタマイズ

カスタマイズの楽しさを味わえる

●圧倒的な性能と機能を実現できるタワー型
デスクトップパソコンは拡張性が高く、機能や性能に優れたパソコンを手に入れやすいのが特徴です。特にタワー型なら、NVIDIAのGeForce GTX 980シリーズといった巨大なグラフィックスボードに、高速なSSDと大容量のHDDを複数台組み合わせる、といったノートパソコンやタブレットでは到底実現できない構成を実現できます。また、内部のスペースに余裕があるので、ハイスペックなCPUを巨大なCPUクーラーで強力に冷やすといった使い方も可能。特にハイスペック志向のユーザーにおすすめです。
>> タワーパソコンはこちら

●手軽に初めて後からアップグレードもOK
汎用性が高いのもデスクトップパソコンの魅力。使っていて機能や性能に不満を感じたら、パーツを増設したり交換したりできます。メモリーやストレージの交換、増設程度であればノートパソコンでも可能な製品はありますが、デスクトップパソコンならマザーボードごとCPUを交換するといった大胆な交換も可能で、まさにパソコンを生まれ変わらせることができます。まずは手ごろな価格の製品を購入し、後から必要なパーツだけを増設したり交換したりするという使い方もいいでしょう。

●手ごろな価格で高性能なPCが手に入る
価格と性能のバランスを重視するなら、ミニタワー型がおすすめです。例えば、高性能なインテルのCore i5シリーズを搭載したパソコンが6万円前後から手に入ります。なかには最新のWindowsを搭載しながら3万円前後で買えるモデルもあります。ただし、ノートパソコン同様、安価なモデルはストレージに500GBクラスのHDDを使用していることが多い点に注意。スペックのカスタマイズができるなら、容量が多少減っても起動ドライブはSSDを選んでおくのがおすすめ。パソコンの快適さが圧倒的に違います。
>> ミニタワーパソコンはこちら

●机の上に置いても邪魔になりにくい
スリム・コンパクト型は、省スペース性が魅力。オフィスで机の上などに置いて使う場合も、タワー型のような圧迫感がありません。それでいて、汎用的なパーツを使用しているため、ミニタワー型同様に手ごろな価格な製品が多いのが魅力です。
注意したいのは、デスクトップとはいえ、タワー型に比べると拡張性が限られること。ドライブベイの数が少なかったり、グラフィックスボードがロープロファイル対応だったりします。使いたいパーツが使えなかったと後悔しないように、購入する際はスペックをきちんと確認しておくとよいでしょう。
>> コンパクト・スリムパソコンはこちら

●手のひらサイズのるデスクトップも
いっぽう、とことんコンパクトなパソコンがほしいなら、スティック型を選ぶという手もあります。液晶が無いので、ノートパソコンやタブレットほどいつでもどこでも、というわけにはいきませんが、旅先のホテルでテレビにつなぐなど、手軽に持ち運んで使えます。スペックは決して高くありませんが、価格も安く、ちょっとWebで情報をチェックしたいといった用途に最適です。
>> スティック・ミニパソコンはこちら

ページTOPへ

※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。