MEMBER先輩社員(WEBマーケティング、デザイン職)

サードウェーブグループの実際の業務内容ややりがいについて、社員の声をご紹介します。
グループの強みを活かしたり、仕事を通じて、成長している社員の声をお聞きください。

田崎 正秀 WEBマーケティング、デザイン職/2016年入社 田崎 正秀 WEBマーケティング、デザイン職/2016年入社

制作を依頼される各部署の想いや施策を形にし、成果を上げる

プライベートでもHPを作成し、一眼レフカメラを片手に美しい写真や映像を撮るクリエイター。WEBデザインの領域だけでなくWEBマーケティングの分野の勉強も日夜行う若手サードウェーブ社員:田崎さんにインタビューをしました。

はじめに田崎さんの今のお仕事について教えてください。

WEB売場構築グループにて主にWEB制作やデザイン、コーディングを行っています。

具体的にはどのような仕事内容ですか。

WEBページのデザインを考え、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラム言語を使いサイト構築や各種バナーの作成を行っています。最近ではWEBディレクターとしてプロジェクトのディレクション(制作進行)も行っています。各部署との打ち合わせ、企画・改善提案のためのプランニング、制作スケジュール管理やチェックなど、業務は多岐にわたります。ドスパラECサイト制作を担当しながら、並行してマーケティングの知識も今、身につけています。

インタビュー風景

WEBの仕事に必要なスキルはどのようなものがありますか。

まずはコーディングの知識が必要です。そしてWEBサイトに訪れてくださるユーザーの気持ちや思いになってサイトをつくることが大切です。HPを見て情報が整理されていないとお客様は離れていきます。分かりづらい、使い勝手が悪いところを徹底的に見つけていくことが大事です。例えば、自分にとっては使いやすくても、お客様にとっては使いづらいものもあります。それではサイトとしてまったく意味がありません。少し見方を変えて見ると「あれ、ここ使いづらい(分かりにくい、見づらい)な」というのが見えてきます。自分さえよければ良いという気持ちで業務に取り組んでいるとまったく成果が上がりません。素の状態でWEBサイトを眺め、色々な発見に気づき、気づいたらすぐにメモして次の改善プランを考えます。

働く上で意識していることはなんですか。

制作を依頼される各部署の想いや施策を形にし、成果を上げることです。どんなに優れた企画も表現方法や伝え方がうまくいかないとまったく成果がでません。逆に評判を落としてしまうこともあります。WEB制作の目的は製品を購入いただくこと、そして新しい企画やサービスをお客様にご利用していただくことです。各部署の想いや企画を、2倍、3倍の成果にしていくことを意識して取り組んでいます。部署で当初こうした想いでお客様に訴求していきたいと、言われたことをそのまま形にするのではなく、その告知が独善的になっていないか、回りくどく書き過ぎていないかをチェックします。社内には虫の目、鳥の目、魚の眼という考えがあります。これは物事をそれぞれの視点で見ることを大切にしている考え方です。虫の目は物事を間近で見ること。ここでは部署の思いをしっかり聞き、理解することです。鳥の目は大所高所から全体を見ること。ここでは今の世の中の市場に合っているのか、制作するデザイン案はユーザービリティを考えた設計になっているかを見ます。最後に魚の眼は、今後この企画が今ないしはこれから起こる潮流に沿ったものであるかを確認します。日頃WEBやデザインの情報を収集している中で、感じるそうした潮流に乗れるかどうかを判断しながら仕事をしています。私からの提案や改善案がすべて採用されるまでには至っていませんが、もっと良くしていこうという意識は誰にも負けない想いで業務に取り組んでいます。

インタビュー風景

これからのIT社会はどうなると思いますか。

思ったこと、考えたことが早いスピードで実現できる世界になってくると思います。コンピューターが進化して、高画質でリアルな3Dゲームや高度な処理ができるようになってきました。たとえば、仮想空間で空を飛んだらどういう気持ちなんだろう、と想像した人たちは、VRやUnreal Engine技術を使って実際にバーチャルな世界を作ってみたり。こんなゲームがあったらいいなと思った世界中の人たちがゲームをつくり、さらにそこで活躍する人が出てきたり、今までいち消費者であった人が突然造り手、つまりクリエイターになったりと、大きな時代の変化を感じます。

これからサードウェーブはどのようになっていくと想像しますか。

これからはeスポーツをはじめ、動画やイラスト、アプリなどクリエイティブな人たちが増えてきてコンピューター需要は増すと思います。私たちはそうした創造活動をする方々を応援し続けるでしょう。そしてドスパラの事業ではパソコンでできる「新しいこと」や「最新情報」「体験」をお届けし続けていくと思います。目まぐるしく世界が変わる中で、サードウェーブもPCメーカーとして小売事業としてSI事業として、そしてeスポーツを通して変わっていくことをためらわない企業だと思います。変化しながらも社会に貢献し続けていくと思います。

WEB管理者の1日の仕事の流れを教えてください。

9:00 【朝礼】 企業理念手帳をもとに各自発表をします。
9:15 【部内ミーティング】 今後の企画の配信や制作物のチェックなどを確認します。
10:00 【業務割当】 各部署からの制作依頼についてメンバーの進捗状況を確認しながら業務を割り当てていきます。
10:30 【リリースチェック】 毎週いくつものイベント企画を打ち出しています、きちんとアクセスできるかなどチェックします。
11:00 【制作業務】 イベントバナーやWEBサイトの制作を行います。
12:30 【ランチ】  
13:30 【制作業務】 数値や結果を分析したページのフィードバックを受け、デザインをブラッシュアップ
16:00 【ミーティング】 制作プロジェクトについて作業報告・内容のすり合わせ
17:00 【資料作成】 月に一度実施する社内WEB制作勉強会の資料作成やWEBツールを用いたページの分析資料作成
17:30 【日報作成・報告】 上司への報告・連絡・相談・確認を行います。
17:45 【明日の準備】  
18:00 【退社】  

今後の目標はありますか。

今は制作中心の仕事をしていますが、将来は制作の分野でもっと専門性を身に付け社内では誰にも負けないデザイナーになることです。それと同時に、マーケティングや企画、分析の知識を付け、WEB・マーケティング全般に強い社員になりたいと思っています。そうすることで、様々な部署との打ち合わせの際に、同じ目線で話を進めることができ、さらにもっとこうした方がよいなど、制作側からも提案することでよりよい企画になっていくものだと考えています。

最後に、当社の採用試験に臨まれる学生の皆さんへエールをお願いします。

サードウェーブには総合職として幅広く活躍できるチャンスがあります。新卒社員はまずは最初に配属される部署において、なくてはならない人になれるまで努力してください。結果が出ても出なくても大きな経験を得られます。次こそ結果を出す!という気概で物事に挑戦していってください。その場所で認められたら次は自分がやってみたい新しい仕事や行きたい部署について考えてみてください。つまり自らのキャリアについてです。新しいことをするとき、ほぼ100%失敗すると思います。例えば、三日三晩寝ずに考えた企画書も却下されることもあります。そこで諦めてしまう方はサードウェーブには向いていません。そこから何故却下されたのか、どうしたら次へ進めるのか、無限とも言える手段を考え、課題を解決していくことに価値が生まれます。そしてチャンスも生まれます。大変で、難しく、ときには何をしたらよいか迷ってしまうこともあるでしょう。幸いにも当社には企業理念手帳というものがあります。これは働く上での行動指針が100ページにもわたって書かれています。アルバイトスタッフ含め全社員に支給されています。この手帳には仕事上の困難を解決していくヒントが書かれており、それを読んで考え行動してみてください。きっとよい結果が生まれるでしょう。そして次は失敗しない!そんな強くてたくましい社会人に成長していただけたら嬉しく思います。そうした後輩をみると、私も負けていられないという思いになります。切磋琢磨し合い、共に成長をしていきましょう。困ったことがあればいつでも相談してください。

インタビュー風景

top