MEMBER先輩社員(S E 職)

サードウェーブグループの実施の業務内容ややりがいについて、社員の声をご紹介します。
グループの強みを活かしたり、仕事を通じて、成長している社員の声をお聞きください。

小原 史成 SE職/2016年入社 小原 史成 SE職/2016年入社

業務を通じて得られる成長とやりがい「プログラムを作るのが本当に好き」

今現在どのような仕事をしていますか。

サードウェーブグループで新しい人事システムを導入する事になり、今はそのシステム開発を担当しています。
目指しているのは、単にシステムを導入するのではなく、現在利用している様々なシステムと連携させる事です。 たとえば、現在はシステムごとに行っている「登録作業」を新人事システムに連携させる事で、誰かが1度登録すれば、他のシステムに自動的に反映されるようになります。 私は実際に手を動かすメンバーとして、開発と設計、そしてテスト・検証を行っています。

私は山形県出身なので、入社当初は米沢事業所へ配属され、プログラム作りを担当しました。 今まで学校で学んできた事と全く違い戸惑いましたが、周りの先輩たちにフォローしていただき、何とか仕事を進めました。 そしてその年の8月に東京本社へ異動となり、設計に参加したり、今まで任されていなかった仕事を任せてもらえたりするようになりました。 大変ながらも、少しずつですが力がついてきたなという思いがあります。
先日までは、1年がかりの大きなプロジェクトに入り、設計と開発を任せていただきました。 社内の膨大なデータベースを一本化するというプロジェクトです。 当社の基幹システムを今後、一新しようという計画があり、その為に一度データを全て集め、このシステムはここにアクセスするなどのことをしていました。 社を上げてのプロジェクトで、失敗したらとんでもない事になりますので、ものすごい集中力が必要でした。

どういったところに仕事のやりがいを感じますか。

能力に合わせて仕事を任せてもらえる事です。 たとえば、今の私には到底できないような無理難題な仕事を任されたら、おそらく「うわっ」と落ち込んでしまうかもしれませんが、そこは上司がちゃんと見てくれているので安心して働く事ができます。 もちろん入社時からスキルを持っていれば、あれもこれもと任せてもらえますし、私のようにまだまだこれからという社員には、自分に見合った仕事がおりてくるので、1つずつ達成していける事でモチベーションも上がっていきますね。 自分が今やるべき事が明確になり、無茶過ぎず、簡単過ぎず、ほどよいハードル感があるので、それが私にとってやりがいや成長につながっていると感じます。
SEの仕事で初めて「やりきった!」と思えたのは、1年越しの長期プロジェクトが終わった時です。 「やっと終わった」という気持ちでした。 その時はEAI(分散しているデータを効率的に統合する)ツールを使い、データベースからCSVに出力したり、逆にCSVからデータベースに入力したりといった作業を、線を引くだけでできるようにし、それを使ってデータを一つにまとめました。 私はその作業の「標準化」(整理していく事)を任せていただきました。
あらゆる方面の方から質問を受けたり、頼りにしていただいたり、また、業務と付随して各システム担当の方の困っている事を解決できた事が、自分の成長にもつながりましたし、単純にうれしかったですね。 何かを任されたり、周りに頼りにされたりという事にやりがいを感じます。
仕事の中で楽しいと思うのはやはりプログラミングしている時ですね。 もともと「(プログラミングを)やってみたいな」と高校生の時から考えていて、専門の短大に進学しました。 今までやってきて、自分はプログラムを作るのが本当に好きなんだなと感じています。
そうして少しずつですが、知識やスキルを身に付けて、新しい仕事の設計を任せてもらった時には、一ランクレベルが上がったなと思い、成長を感じました。

当社に入社した理由や決め手、なぜ入社しようと思ったのか教えてください。

卒業した短大では、基本的に1つの会社で内定をいただいたらそこで就活は終わりというルールがありました。 学校が県と連携をしていて、その後ろには企業がいました。
内定が1つ決まったら、ここで就活が終わりなので、私は慎重に企業を選びました。
短大の時にWEB開発の言語をやっていたので、WEB開発できる会社はないかなと考えており、さらにできれば地元米沢で働きたいなと探していた時に、サードウェーブがありました。 その後面接を受ける中で、当時の社長が「システム屋ってこういう事なんだ」とか「うちの会社ってこういう事をやっているんだよ」と、すごく熱く語ってくれました。 ここまで熱くシステム開発の仕事について情熱とプライドをかけている方にお会いした事がなかったので「この人についていきたいな」と素直に感じましたね。

働いている中で感じる社風や、目標とする先輩や上司について教えてください。

社風といいますと、当社はグループ会社なので、会社同士で色々なコミュニケーションが取れるのがいいところなのかなと思います。 サードウェーブソリューションズはシステム開発ですし、サードウェーブはパソコン製造、販売、それにグループ管理、というように業種が違う中で、幅広い情報交換や交流ができるのは面白いなと感じますね。 ハードの面など分からない事があると、その分野の詳しい人に聞ける事も良いですね。 会社同士が持つ強みと強みをマッチングできるのが面白いなと思います。 社内は気さくな方が多く、ざっくばらんに話ができたり、たまに一緒にランチに行ったり、雰囲気よく仕事ができるのがいいですね。 飲み会はあまり多くはなく、仕事を通じてコミュニケーションする事が多いです。

インタビュー風景

最後に就活生へのメッセージをお願いします。

大学などで学んだ専門的な知識というのは、たとえば100学んでも100発揮できないと思っています。 たとえ発揮できたとしても、実際の仕事場では1くらいでしょう。 私がそうでした。 ですから「私はこれができる」という強みはもちろん持っていてよいのですが、それを入社してから使おうと思っても「できませんでした」というのは当たり前の事なので、そこはめげずにやりたい事・やるべき仕事を見つけて、そこで頑張ってもらえれば良いと思いますね。
頑張っている姿は必ず周りの人が見てくれていて、どんどんチャンスも回ってきます。 自分自身に与えられた仕事の中で、しっかり結果を出して、実績を積んでいってもらいたいです。

top