MEMBER先輩社員(販売職)

サードウェーブグループの実施の業務内容ややりがいについて、社員の声をご紹介します。
グループの強みを活かしたり、仕事を通じて、成長している社員の声をお聞きください。

圓谷 奈津紀 販売職/2012年入社 圓谷 奈津紀 販売職/2012年入社

新卒研修での目標・決意表明した「十人十色の“ありがとう”を集める」

サードウェーブへの入社のきっかけを教えてください。

接客・販売を通じて十人十色の「ありがとう」を集めたい、と考えていたのがきっかけでした。 学生時代、飲食店で接客のアルバイトをしており、お客様とお話をする中で、色々な方からありがとうと言っていただける事が嬉しくて、また仕事へのモチベーションにつながっていると感じていました。 正直なところ、パソコンについてはあまり詳しくなかったのですが、就職においては自分の知らない事や分野に挑戦してみたいと考えておりました。 その方が、自分の知らない世界を見たり知ったりする事ができ、自己成長につながると思ったからです。
自分なりに色々な企業を調べ、見ていく中で、当社に入社を決めました。私にとって、パソコン業界に入るのは1つのチャレンジでした。

他にはどのような業界・企業を見ましたか。

ブライダル関係や、IT系などを調べました。

PCに対して苦手意識はありませんでしたか。

そうですね。 あまり詳しくないので、最初は自分から調べようとはなかなかしませんでした。 ですが、一緒に入社した同期がパソコンの事をすごく楽しそうに話すので、そんなに楽しいのかな?と興味を持ちはじめ、自分も勉強するようになりました。
当時は、そもそもモニタというか、ディスプレイが「パソコン」だと思っていましたから、他に別の箱(デスクトップパソコンのこと)がある事さえ知りませんでした。 入社してからは、パソコンについて新発見の毎日でした。

採用試験前にした事は何かありますか。

ドスパラのお店に行きました。 私にとってドスパラはパソコン本体を販売するというイメージの会社でしたが、よくよくお店を見ると、PCパーツに力を入れている事が分かりました。 パソコンやパーツの専門店という事を初めて知り、より詳しく調べるようになりました。BTOって何だ?とか、メモリって?というような事です。
また、試験日前には秋葉原にあるお店に出向き、お店の雰囲気や働いている方々の様子を見ました。そこでは、社員の方がお客様の目をしっかり見て接客されており、私にも普通に声をかけてくださいました。 「これから御社の試験を受ける者です」とは言わず、「初心者なんです」とお客さんのふりをして接客を受けました。 そのとき、親身に相談に乗ってくれ、とてもあたたかい雰囲気の会社だなと感じました。

当社に応募した職種は接客販売職ですか。

そうです。お客様と毎日お話する仕事をしたいと考えており、販売職を志望しました。

入社後はどのような仕事をされましたか。

私たちの時は入社後、1ヶ月間の研修を受ける事から始まりました。 まずはビジネスマナーやパソコン、会社について知り、覚える事が仕事でした。 その後、現場に配属となりましたが、大変だったのは、研修で覚えた知識も、実際お客様に色々な質問をされると答えられなかったりした事です。 悔しい思いもしました。ですが先輩社員や店長から「何も分からない状況では、聞かれても答えられないだろうけれど、調べても聞いてもいいから、まずはお客様に声をかけてごらん。 それが大事だから」と言われました。
「調べてもいいし聞いてもいいから」と、すごくやさしく先輩社員にフォローしていただけたので、お客様に声をかけることができました。 とりあえずお客様に声をかけて、聞いて、わからなかったら調べて、答えて、答えられれば、自分の知識になっていきました。
だんだん答えられるようになるとモチベーションも上がり、販売できると、販売できたぞ!と自信にもつながりました。

パソコンについてよく分からない中、お客様にお声掛けするのは怖くありませんでしたか。

怖かったです。 普通は臆病になると思いますが、私は飲食店でのアルバイト経験と、お客様からの「ありがとう」を集めたいという想いがあったので、勇気を出して、分からないながらも、お客様に声をかけ続けました。
ですが経験がなかったころは、お客様から「この人に聞いて大丈夫かな?分かるの?」と言われたこともありました。 しかしそれでも落ち込んだりはしませんでした。 こちらも仕事ですので、聞かれて答えられない事がないように、PCの知識レベルを上げる事に取り掛かりました。
また、それと同時に、「接客」・「提案」・「ヒアリング力」をつけることを意識しました。お客様の表情をしっかり見ながら、どのような商品を求めていらっしゃるのか、その部分にフォーカスし、「自信を持って」接客するよう務めました。 そうすることで、私ならではの強みを活かして仕事を進めることができました。

インタビュー風景

圓谷さんは、全国売上1位となった経験があるとお聞きしました。

はい。WindowsXPのサポート終了と、消費税が8%に変更となるタイミングでは、1日100人以上のお客様にパソコンをご購入いただきました。 正直、大変ではありましたが、多くのお客様に当社製品をご提供でき、とても達成感がありました。 その月に、全国1位をいただきました。 PCの知識がほぼない中からのスタートでも、努力を続けることでお客様のご支持をいただくことが出来るんだと改めて感じた瞬間でした。

新入社員時代から、成長したところはありますか。

意識の面ですね。当事者意識を持つ事ができるようになったのが、成長したと言える点かなと思います。
新卒時代は、業務に慣れていない事もあり、「誰かがやってくれるだろう」と他人任せにする事もよくありました。 しかし、研修や、色々な店舗での様々な経験・業務の中で、目の前の仕事は自分が解決しなければいけないという意識を持つようになりました。 傍観者ではなく、自分から積極的に関わる事が大事である、と。
自分発信の姿勢で取り組む事により成功や失敗を重ね、それが自分の成長につながると強く感じるようになりました。

そのきっかけは何でしたか。

ドスパラで働く先輩たちの姿を長く見ていたからだと思います。 仕事に慣れてきたときに、ふと自分自身を客観的に見つめなおすことがありました。 そんなとき、今の私ってまだ誰かに頼ってばかりいるなと感じていました。 そんな思いの中、先輩たちを見ていると、しっかり責任を持って、自分から仕事をしているという想いが伝わってきました。 【責任】と聞くと、少し重たい印象を持ちますが、当社で使われる【責任】という言葉は、「最後まで誠実にやり遂げ、お客様に歓んでいただけるようにすること」です。 そこから自ら積極的に業務にかかわり、研修にも参加(社内の組織活性化研修)し、もっとしっかり当事者意識をもたなければと、気付かされました。もう傍観者はやめよう、当時者になろうと思いました。

お店ではどんな事を学びましたか。

店舗の業務、ノウハウを学びました。 自分が上の立場になる(リーダーになる)時期もありました。 そこでは、自分の業務だけでなく、アルバイトスタッフの方や新人の育成のため、教育を担当する経験をさせていただきました。

メンバーの育成は、どのようにされたのですか。

接客のOJTや、当社サービスメニュー提案の仕方、業務フローを指導いたしました。
皆さんの理解度を確認しながら取り組みました。

どのくらいの期間、店舗を経験されましたか。

5年半です。秋葉原本店や神戸・三宮店などを経験し、今はリテール事業支援部で勤務しています。

今のお仕事について教えてください。

ドスパラの縁の下の力持ち的な役割・仕事を行っています。
たとえば、採用業務や、細かいところだと店舗の制服手配、各制度改良、店舗内部環境整備、補助など業務は多方面に広がっています。

今の目標を教えてください。

今は新しい業務を覚え、できるようになる事が直近の目標です。
そして今後は、今の業務に店舗の経験を活かせたらと考えています。お客様視点 現場視点の考えや意見を持って、業務に取り組みたいです。
店舗は目の前にお客様がいますが、今はお客様が目の前にいるわけではありません。 そのため、お客様が「どういったものを求めているのか」、「どういったお店に行きたいのか」などを常に考え、思いついた事は提案し、よりよい支援ができればいいなと考えています。

よりよい支援とは具体的にどのようなことを考えていますか。

すごく細かいところになるかもしれませんが、店舗に手書きPOPというものがあります。 お客様に楽しく商品を選んでほしいという思いから始まった、商品の特徴などを店舗の社員が書いたPOPの事です。手書きPOPって、作るのが苦手な方が多くいます。 私も正直苦手で、絵が下手だったり、何を書いたらいいのか分からなかったりしていました。 店舗時代はよく他の得意な方が書いてくださいましたが、苦手な方でも、簡単に楽しく書いてもらえるようなテンプレートや、こういう風に書いたらいいんじゃないですか、というコンテンツを発信したいですね。 社員が楽しく書いていれば、その想いはお客様に伝わるのではないかと考えています。社員の皆さんがお店独自に工夫しやすいようにしていきたいですね。

インタビュー風景

販売職だけでなく、色々な業務を経験する事についてどう思いますか。

店舗以外の業務は初めての事ばかりで、全てが新しい事だらけです。どんな仕事も大変ですが、何でも吸収して、自分の力にできればと思っています。

圓谷さんが、当社に合うなと感じた部分はどこですか。

「お客様のために」というところが会社として、しっかりしているのが良いなと思っています。 朝礼でも、お客様にちゃんと意識が向いている内容や発言があったり、根底としてそこを意識しながら仕事をしている感覚があるところですね。 私がこの仕事を通じてやりたかった、「“ありがとう”を集めたい」というのに、つながっていると感じます。
日頃、代表からは「我々がお客様にできる事は何かと常に考えなさい」と言われています。 そこが私の考え方とマッチしているのかなと思います。 「答えは現場にある」という会社の考えに共感でき、店舗にいても会社のトップと現場が一緒に走っている感じがとても好きですね。

サードウェーブで働いてみて、改めて感じた「魅力」はありますか?

一緒に働く人たちが魅力的だと思います。 すごく真面目で誠実で、良い意味で素直な方たちが多いです。 悪い事は「悪い!」とはっきり言いますし、分からないことは「分からない」と言う。 お願いしてやってくれた事に関しては、ちゃんと「ありがとう」と言ってくれる。 成功した事、うれしかった事は一緒に喜んでくれ、悩んでいる事とか、困っている事は一緒に話を聞いて、解決してくれる方々が多いです。 そういう人たちと一緒に、切磋琢磨し合いながら働ける事が、魅力ではないかなと思います。

サードウェーブでは様々な事業を展開していますが、どういったこところが当社の強みだと思いますか。

PCメーカーとして、お客様の「したい」「やりたい」にお答えできる提案力があるところだと思います。
自社にて製造・生産・企画・販売を行っているため、ドスパラでは一人ひとりのお客様のニーズに合ったパソコンをご提案し、提供する事ができます。
新しく0から生み出し、作る事もできるのが大きな魅力だと思います。

これからIT社会は、どのように変化していくと思いますか。また、サードウェーブの役割はどのようなことだと思いますか。

これからの時代、お客様の求められるものが変化し、私たちの提供するものがパソコンやPCパーツではなくなる事も、もちろんあり得ると思います。 しかし、求められるものが変化しても、お客様のデジタルライフが豊かになる事、そして当社が提供する商品・サービスを通してお客様に幸せを感じていただく事をミッションとし、アンテナを張って常に最新の商品と情報を提供し続ける事が、サードウェーブの役割だと考えています。

最後に、当社の採用試験に臨まれる学生の皆さんへエールをお願いします。

私は店舗の販売出身なので、お店をよく見てほしいと思います。 ドスパラ サードウェーブに興味を持ってくださっているという事であれば、一番よく知ってもらうための方法は、リアルなお店の様子を、直接目で見て、感じてもらえるのがよいと思います。 サイトを見て、調べていただくのももちろんいいと思いますが、そこでは分からない事に気付いたり、発見できたりするかもしれませんよ。 私もそうやって、実際に働く人たちの現場を見て入社しました。 自分の目で見て感じた事を大切にし、それでいいなと思っていただければ、うれしいです。 同じ思いを持った方々とぜひ一緒に働きたいです。

山来 晋之輔 販売職/2016年入社 山来 晋之輔 販売職/2016年入社

じっくり対話を重ねて提案型の接客「お客様と長く付きあえる存在に」

入社後、どのような仕事からスタートしましたか。

まずは2ヶ月間の新入社員研修で、ビジネスマナーから、パソコンやITに関する知識や、IT業務における実践力、応用力を評価する認定資格としてCompTIA A+(コンプティア エープラス)資格の取得、グループ会社や社内システムを学びました。 覚えることはたくさんありましたが、いち早く同期のみんなより仕事ができるようになりたいと、頑張りました。
研修後は、大阪のドスパラなんば店に配属され、パソコンの接客販売の仕事からスタートしました。 なんば店は大型店と呼ばれる、ドスパラの旗艦店の1つです。 売場が広く、パソコンパーツや、中古商品、買取、修理など、商材やサービスによってフロアや販売コーナーが分かれています。
新入社員のときは、その一つ一つのコーナーを順に経験していきました。

接客する際、どのような事を意識していますか。

ご来店されたお客様のご要望に応じた「提案型」の接客を行っています。 じっくり対話を重ねながら、お客様が求めるパソコンをご提案します。 ドスパラは、ゲーミングパソコンを主に販売しているため、ゲーム好きなお客様のご来店が多いです。 そのようなお客様には、「どういったゲームをされるんですか?」などのお話から、接客がはじまります。

接客の中で、何か工夫していることはありますか。

ドスパラをご利用いただくお客様は、パソコンに詳しい方ばかりではありません。 ご来店いただくお客様の半分は、はじめてパソコンを買われるお客様や、ただインターネットをされたいというお客様、今よりももっと良いパソコンが欲しいというお客様です。 パソコンがはじめての方には、「CPUは人間でいうと脳の部分になります」とか、「メモリは机の広さなので」など、例え話を用いながら、分かりやすくお伝えできるよう工夫しています。
さらに、はじめてPCゲームをやりたいお客様には、とくにグラフィック関係のパーツ選びが重要ですので、どのようなゲームをされたいのか、しっかりうかがうようにしています。 お客様のやりたいゲームによっては、「こちらのグラフィックボードが必要ですよ」など、的確にご提案できるよう心がけています。

山来さんは、もともとパソコンに詳しかったのですか?

正直、あまり詳しくありませんでしたが、昔からパソコンは身近にあり、興味はありました。 2ヶ月間の新入社員研修中に知識を身に付け、また、ドスパラの様々な店舗(大阪や北海道など)を経験する機会があり、多くのお客様や先輩方にいろいろなことを教えていただきながら、少しずつ成長することができました。 今では、埼玉県にある、ドスパラ大宮店にて、接客販売やパーツ、中古商品、買取、修理など、店舗業務全般を行えるようになりました。
しかし、時には私よりパソコン知識があるお客様が来店され、充分な接客が行えない場面もあります。 その際は、お客様から教えていただきつつ、家に帰ったら自分でも調べて勉強します。 店舗にいると、自然とパソコン知識が増えていくのが実感でき、やりがいを感じます。 これからもパソコン専門店の名に恥じぬ接客力とパソコン知識を身につけていきたいと思っています。

お客様に人気のあるPCゲームは、どのようなものですか。

近年、有名タイトルから話題作までたくさんのゲームが出ています。 中でも、初めてゲームをされるお客様からは、バトルロイヤルゲームの名前が挙がる事が多いですね。 このゲームを高画質(とてもきれいな映像)で動かす場合、20万円以上のゲームマシンが必要です。
どうしても予算を抑えたいお客様には、16、7万円のミドルクラスをおすすめするのですが、その分、性能が落ちてしまいます。 1分1秒を争うようなゲームでは、最高品質でプレイされるお客様と差がついてしまい、実はゲームが楽しめないという場面が出てきます。
ミドルクラスのマシンでも、ゲーム自体はできるのですが、ゲームはやはり「楽しめないと意味がない」ので、どうせ買うなら、楽しめるマシンをおすすめしたいです。 もちろん、お客様に合わせてご提案しています。

PCでゲームをプレイする方が年々増えていますね。他には、どのようなお客様がご来店されますか。

インターネットをされたいというお客様、お仕事(文書入力、ワード、エクセル)で使いたいというお客様、中には、最近ニュースなどで話題のビットコインの発掘(マイニング)をされたいというお客様のご来店もありました。 マイニングでは、主にグラフィックカードの性能が求められますので、一時期これらが品薄状態になりました。 当社では【専売】のグラフィックカードをご用意しており、コストパフォーマンスや性能(グラフィックカードは熱を持ちやすいが、当該製品は、より冷えやすい特徴がある)にご満足いただける人気商品となっております。

接客風景

様々な事を経験してきた中で、特に新入社員時代から成長したと思えるのはどういったところでしょうか。

入社した時は、パソコンの知識が全くなかったので、それが増えたことが大きな成長だと思います。 買い取りや修理業務など、初めてやる時は正直言って怖かったですが、やっていくうちに覚えてきて、必要な知識も増えました。
パソコンは、日々新しいものが出てくるので、お客様よりも先に情報を得ていないといけません。 会社から発信される情報や、興味のあるPCまとめサイトなどを見て、日々勉強しています。 また、時には、お客様からいただいた生の情報から派生して、自分で調べることもあります。 お客様より専門知識がなければ、当社の強みが活かされないため、これからも貪欲に知識を身に付けていきます。

次へのステップを見通しての、今後の目標をお聞かせください。

当社に入社したきっかけとして、人々の生活であったり、人生であったりを楽しくしたい、という思いが強くありました。 非日常の体験が、人々の生活に豊かさや楽しさ、潤いを与えてくれるものだと考えています。 そのため、パソコンを使って、もっと人を楽しませる仕事がしたいです。 今後は、イベントを企画したり、色々なところとコラボレーションしたりできるようになりたいというのが目標です。 そうして会社を盛り上げていきたいと考えています。
日常の中で非日常を届けられるのが、PCゲームやVRだと考えているので、まずは、有名ゲームタイトルのコーナー作りをしたり、お店からSNSで新しい情報を発信したりと、お客様がより楽しめるお店作りの企画や提案をしていきたいです。

働いてみて改めて感じた当社の「魅力」というものはありますか?

パソコンは、今の世の中でなくてはならないものです。 すでにずっと以前から、人々の仕事や生活の一部になっています。
パソコンは長く使うものですから、お客様とは一度きりではなく、長い接点を持つものだと考えています。 お客様に何度もご来店いただいたり、もっとパソコンをこうしたいとのご希望をうかがったりと、お客様と長く付きあえる関係、存在になれるところが、魅力かなと思います。 お店として、お客様に何度も来ていただく事は嬉しいですし、指名で私宛にご来店いただければ、さらにうれしいですね。

サードウェーブでは様々な事業を展開していますが、どのようなところが当社の強みだと思いますか。

PCの出荷スピードが早いところです。私たちが販売するのは、1台1台お客様に合わせてカスタマイズされたパソコンです。 つまりBTOパソコンなのに、最短当日出荷という驚異的なスピードを持ち合わせています。 製造、販売、物流、サポート、システム開発など、多くのことを自社(サードウェーブグループ)で行っている為、それを可能にする基盤があるのです。 当社のレジや在庫システムも自社開発ですし、自分たちでできるところは何でもやろうという社風が、当社の強みの1つだと思います。

これからIT社会はどのように変化していくと思いますか。そして、その中でサードウェーブは今後どのような役割を果たしていくと思いますか。

パソコンや、パソコンを通じて生み出された新たなシステムやアプリケーションが、より私たちの生活の一部になっていくと思います。
ITは確実に必要なものとなっていきますので、それに合わせた最先端の物やサービスを提供していくことが私たちの役割だと考えます。
私自身、最先端技術は勉強中なのですが、以前ドスパラ札幌店に居たときに、サングラス型のMRを体験しました。VRに続き、仮想空間と現実空間を一緒にする新しい技術や製品、サービスを提供していきたいですね。

最後に、当社の採用試験に臨まれる学生の皆さんへエールをお願いします。

人々の生活を豊かに快適にしたいと思う方には、ぴったりの会社だと思います。 さらに、頑張った分だけ評価してもらえる会社であり、叶えたい夢ややりたい事がある方には、チャレンジできる環境です。 一緒にやりたい事を実現していきましょう。

top