MESSAGE-役員からのメッセージ-

株式会社サードウェーブレンタル 代表取締役社長 西川 典孝 株式会社サードウェーブレンタル 代表取締役社長 西川 典孝

新卒営業職がサードウェーブレンタルに配属されたら、どのような仕事をしますか。

「営業の仕事とは何か」という事を覚える事からスタートします。
いきなり「一人で仕事を取ってこい」などという事は無く、先輩とペアになって一緒に行動してもらいます。 よく「先輩の仕事ぶりを真似る、盗む」とも言われますが、まずは先輩が日々どんな事をしているのかよく見てもらいたいと思います。 具体的には、身だしなみや、お客様との接し方、数字の管理、営業のイロハなどです。 できる事が増えてきたら、今度は提案資料を作るなど、営業としての仕事の幅が少しずつ広がっていくでしょう。

当社のパソコンレンタル事業の強みは何ですか。

当社はエントリークラスのPCからレンタルの商材としては適さないハイエンドPCまで幅広い商品を取り揃えているところが強みです。
ハイエンドPCは誰もが利用するものではないのでレンタルの商材としては不向きですがPC工場、物流センター、倉庫等、サードウェーブグループの強みを最大限に活かすことでハイエンドPCのレンタルを実現しています。
ハイエンドPCのレンタルは、eスポーツの盛り上がりやゲーム人口の増加、YouTubeの動画制作、AIの開発やマイニングなど近年、ニーズが高まってきています。

レンタル市場(世の中)はこれからどのような流れになっていくのでしょうか。

これまでのレンタル市場は、事務用PCのレンタル中心だったと思いますが、先程お話ししたとおり、ハイエンドPCの需要もあります。
この市場の中で、当社は「人々の創造活動の可能性を最大化する」というミッションステートメントを、PCレンタルという市場を通じて実現すべく活動しています。 つまり、人々が創造的な活動をするときに必要とするPCを必要なときに利用できるように、レンタル市場に供給していくということです。
具体的には、ハイエンドPCのレンタルを必要とする、CGやAR/VRなどのクリエイターやプログラマ、またそれらの技術を利用したeスポーツでの利用など、主に創造的な活動を行っている方々へ、期待されているPCをレンタルできるよう活動しています。
また、システムはオンプレミス(サーバーなど自社で導入・運用する)から、クラウド(自社にサーバーなど置かずネットワーク経由で行う)化が進んでいます。 ICT以外の分野でも自動車や自転車のシェア、子ども用品やパーティードレス、着物、家電製品、大掃除道具などをレンタル、またはシェアできる時代になってきています。 世の中全体に「所有」から「使用」という流れが拡大してきているように思われます。
サードウェーブレンタルはサードウェーブグループの一員としてお客様へ「所有」と「使用」といった両方の選択肢をご提供できるよう、より良いレンタルサービスの充実を図っていきます。

西川さん(社長)自身について教えてください。

私は現在、サードウェーブレンタルの社長としてPCの貸出等、ハードウェアに深く関わっていますが、新卒で入社したのはシステム開発会社でソフトウェアのエンジニアとして社会人をスタートしました。 公共システムや販売管理システム、会計システムといった民需系のシステムにも幅広く携わりました。
PG(プログラマ)から始まり、SE(システムエンジニア)になり、PM(プロジェクトマネージャー)を経て、システム導入の業務コンサルティングなども経験させて頂きました。
近年、責任者として発注する側になってみて「作り手」と「使い手」の両方の気持ちがわかり、立場や状況が変われば物事の見え方が全然違うんだと痛切に感じました。 それを実感した時から、人(顧客、同僚)と接する時には、相手の立場になって考え、自分の思いだけを押し付けるのではなく、相手を知り相手の思いを理解した上で、ゴールや物事を進めるように肝に銘じています。

当社に入社する若手社員に期待する事は何ですか。

素直さと真面目さと向上心です。
営業職は沢山の人と接するので「人が好き」というのも重要なポイントですね。
サードウェーブレンタルはまだ始動したばかりなので、「会社の礎を作っていくんだ」将来は「会社の中心人物となって活躍するぞ」といった高い志を抱いて入社して頂きたいです。 私と同じ想いで一緒に会社を盛り上げていってくれる人財(仲間)を探しています。

レンタルの営業は、残業が多いですか。

繁忙期と閑散期があるため、一概には言えません。 ただ、新人の時から残業が多いという事はありません。 初めての社会人生活で覚える事は多いので、まずは会社の事、営業の事や仕事を覚え、それができるようになってから本格的に仕事が始まります。 そんな中で1つ覚えてもらいたいのが「仕事は効率的に」という事です。 忙しくなるとどうしても夜8時を超えて仕事をする場面も出てきます。 ただ私は、遅くまで仕事する人が偉いとは思いません。基本的には時間内にやるべき事をやるのが理想であり、目指してもらいたい働き方だと考えています。

社内で大切にしている事や、日頃から社員に伝えている事は何ですか。

「ロジカルシンキング」と「トライ・アンド・エラー」です。
「ロジカルシンキング」は先ほどの「効率的な仕事」にもつながります。様々な物事を解決するためにはロジカルな考え方が重要になってきます。
「トライ・アンド・エラー」も大切です。何事も失敗を恐れずチャレンジしていこう!と社内で意識共有しています。

最後に就活生にメッセージをお願いします。

就職活動を納得のいくまで行い、自身が「ここだ!」と思った企業に就職してほしいです。 そして選んでくれたのが当社だと嬉しいです。 PCに詳しくなくても素直さと向上心があれば日々成長していけます。 ハイエンドPCレンタルという新しい分野を、是非一緒に開拓していきましょう!

top