1. パソコン(PC)通販のドスパラ
  2. Dospara plus(ドスパラプラス)
  3. 導入事例
  4. 顧客要件に応えるカスタム ディープラーニングを提供

法人向け(ビジネス)導入事例
大手システムインテグレーター

顧客要件に応える
カスタム ディープラーニングを提供

システムインテグレーターA社がワークステーションDP EXPART WS1を採用

導入効果

  • ローコストで高性能なディープラーニングシステム構築の必要性。
  • 「スペックの高さ、コスト性、そしてカスタマイズの自由度」を実現。
  • ユーザー企業の要件を満たすコストパフォーマンスの高いシステムを提供。

大手システムインテグレーターのA社では、ユーザー企業の要望に応えるディープラーニング(深層学習)のためのシステムを構築・提供している。だが同じディープラーニングでも、システム要件は顧客ごとに異なる。そこで同社では「スペックの高さ、コスト性、そしてカスタマイズの自由度」を兼ね備えた、ドスパラのワークステーションDP EXPERT WS1を導入。顧客の要望とコストパフォーマンスを両立させた、深層学習パッケージを次々にリリースしている。

深層学習システムのコスト抑制が課題に

今回ドスパラのワークステーションDP EXPERT WS1を導入したA社は、東証一部にも上場している大手システムインテグレーターだ。同社では、さまざまな業種対応のシステム構築やシステム運用、データセンター運営などのIT事業のほか、オートモーティブや産業機器向けの組込みシステム開発、LSIやボードの設計開発などの事業を手掛けている。また、これらの事業で培った技術力を生かしてIoT・AI事業にも注力している。
今回のDP EXPERT WS1導入の背景には、現在同社がもっとも力を注いでいる分野の一つ、画像処理・分析サービスにおけるディープラーニング(深層学習)のシステムパッケージのコスト改善があったと担当者は振り返る。

「現在、私たちのお客様の間でもディープラーニングを導入したいと考えている会社が増えてきています。そこで私たちのシステムインテグレーションのノウハウをもとに、それぞれのお客様に最適化されたシステムを提供しているのですが、このコストを抑制しなくてはならないという課題がありました」

ディープラーニングでは、膨大なデータを複数の階層にわたって高速で処理するため、処理能力の高いCPU はもちろん画像処理を担当するGPUを搭載した、ハイスペックなワークステーションなどのハードウェアが不可欠だ。当然コストもかさみがちだが、これからディープラーニングを始めてみようという企業にとって、最初から高価なシステムを導入するのはリスクが高い。

「そこで、初期コストを抑えながら、お客様のご要望に十分応えられるスペックを持ったワークステーションを探そうと考えたのです」

ドスパラの業務用製品を知って問い合わせ

A社が提供するディープラーニングのシステムは、基本的にスタンドアロンのワークステーションに同社が開発したソフトウェアをインストールして納入。そのまま、お客様が深層学習のトライアルや実際の業務活用システムとして利用できるというものだ。言ってみれば、ディープラーニングのパッケージソリューションとでも呼べる手軽さと信頼性が、ユーザー企業の評判を呼び、すでに複数の納入プロジェクトが完了しているという。
とはいえ、システム開発を開始した当初はいろいろとトライ&エラーを繰り返しながらの進行だったという。当初は大手ベンダーの PC にGPU を搭載しようと考えたが、ボードが既製品の筐体に収まりきらないといった問題があり、なかなか「これだ!」という正解を得られず、あちこちのベンダーから製品を取り寄せては比較検討を重ねていた。ドスパラに問い合わせてみたのも、そうした取り組みの中だったと担当者は明かす。

「それまでドスパラとの付き合いはなかったが、PC などのコンシューマ向け製品ではメジャーなベンダーであることや、それらの実績を踏まえて業務用製品の分野も手がけているのを知り、Web サイトを見たところ、ワークステーションのラインナップもあったので、一度声をかけてみようと思ったのです」

スペック、コスト、
そしてカスタマイズ性を評価

複数のベンダーのワークステーション製品を比較検討した結果、ドスパラのDP EXPERT WS1を選択した理由を、同社では「スペックの高さ、コスト性、そしてカスタマイズの自由度が高かった点」だと指摘する。
同社の提供するディープラーニングのシステムは、どれも顧客企業から与えられた要件に即して開発・構築しなくてはならない。このため、上の三つの要件はどれも重要だ。とりわけカスタマイズ性の高さは、ユーザーの必要とするシステムを実現する上で必要不可欠の特性だといえるだろう。

「たとえばコンシューマ向けのGeForce 系のGPU は、大手ベンダーでは自由に選択することができないことが多い。なおかつ GPU を2枚サポートするという条件を加えると、そこでまたハードルが高くなる。電源も、ワット数が自由に選べません。どうしてもベンダーの提供する仕様の中から選ぶしかないのです。その点ドスパラは、要件に合わせたさまざまなカスタマイズが可能でした」

また同社では、ドスパラのサポート体制についても評価を与えている。
予期せぬ電源の故障が発生した際に、すぐに担当者が真摯に対応してくれて助かりました。今後はこうした障害発生時にも作業が継続できるような、より当社の業務サイドに立ったサポート提案も期待しています」

顧客要件とコスト性を両立させる
システムを実現

DP EXPERT WS1をハードウェアに組み込んだ同社のディープラーニングシステムは、現在も順調に実績を伸ばしつつある。これまではコストと性能のバランスを考慮しつつ、リーズナブルな価格帯のGPUを搭載してきたが、ユーザーの業務の現場での活用が拡がるにつれ、さらに高性能を望む声も出てきているという。

「お客様のユーザーが開発エンジニアということもあって、やはり性能への要求はひときわ高いものがあります。そこで、コストパフォーマンスという観点から、お客様にもドスパラの同じワークステーションをお勧めして購入いただいたケースもあります」

今回の一連の実績を踏まえて、同社ではコストと性能バランスを最適化しつつ、ユーザーの要件を満たしたカスタマイズは可能だとの自信を深めつつある。

「最近、また数社からディープラーニングの引き合いをいただき、ドスパラの PCを紹介しました」と語る担当者。DP EXPERT WS1導入を契機に、同社のディープラーニングシステムが市場での競争力をさらに高めつつあるのは間違いない。

  • ※文中記載の組織名・所属・役職等は
    すべて2018年時点(インタビュー時)のものです。

導入製品 ※導入当時の情報

  1. パソコン(PC)通販のドスパラ
  2. Dospara plus(ドスパラプラス)
  3. 導入事例
  4. 顧客要件に応えるカスタム ディープラーニングを提供

購入のご相談・各種お問い合わせ

こちらは法人様向け購入のご相談・サポートのお問い合わせ窓口です。「パソコンのスペックと言われてもピンとこない」「このアプリを動かしたいんだけど」「こんなスペック・構成のパソコンがほしい」「わたしの業務にぴったりのモデルは?」
ご購入後に「購入したけどこんなことに困っている」
・・・などなど、お見積の作成はもちろん、製品や仕様のご相談、各種ソリューションサービスに対するご質問などなんでもお気軽にお問い合わせください。
※ご購入の前後でお問合せ連絡窓口が異なりますのでご注意ください

購入・お見積等のご相談

製品選択についてのご相談、
購入・お見積等のご相談

お急ぎの方、直接相談したい方

FAX. 03-3256-2532

専門用語等の知識は必要ありませんので、
何なりとお問合せ・ご相談くださいませ。

受付時間:平日 9:00-18:00

その他のご相談方法はこちら

お問い合わせ総合案内ページが開きます

メールでもお問い合わせ可能です

メーラーが開きます

購入後のご相談

お問い合わせフォーム

入力ページが開きます

お急ぎの方、直接相談したい方

受付時間:24時間 365日対応

FAX. 03-3256-2532

専門用語等の知識は必要ありませんので、
何なりとお問合せ・ご相談くださいませ。

受付時間:平日 9:00-18:00

その他のご相談方法

お問い合わせ総合案内ページ

メールでもお問い合わせ可能です

メーラーが開きます