QUEST 2 oculus

「Oculus Quest 2」が発表、「Oculus Rift」シリーズは終息へ

公開日:2020/9/17

 2020年9月16日、Facebookはオンラインイベント「Facebook Connect」を開催し、一体型VRゴーグル「Oculus Quest 2」を発表した。公式ブログでも記事を公開している。発売日は10月13日で、既に予約受け付けは開始している。価格はストレージが64GBのモデルが税込みで3万7100円、256GBのモデルが4万9200円。

INTRODUCING OCULUS QUEST 2, THE NEXT GENERATION OF ALL-IN-ONE VR

 Oculus Quest 2はその名の通り「Oculus Quest」の後継となるVRゴーグルだ。inside-out方式の位置トラッキングや外部機器が不要で単体で動作するといった基本的な仕様は踏襲している。一方、VRゴーグルの主要な仕様をほとんど全て向上させており、価格は1万円以上安くなるという良いところばかりのアップデートとなった。特にストレージ容量の大きいモデルは128GBから256GBに増えており、引き上げ幅が大きい。

 SoCはQualcommの最新チップ「Snapdragon XR2 5G Platform」を採用。メモリーは4GBから6GBに増量した。ディスプレイは片目あたり1832×1920ドット。リフレッシュレートは90Hzとなっている。Oculus Questは片目あたり1600×1440ドット、72Hzだった。コントローラーは新デザインのものが2個付属する。

 一概にアップグレードと言えない変更点としては、ディスプレイが有機ELから液晶に変更されたことがある。液晶も改善されているものの、一般的に応答速度は有機ELの方が液晶よりも優れている。IPD(Inter-Pupillary Distance、瞳孔間距離)調整機能もスライドボタンで左右のレンズを同時に動かす方式から、レンズを直接つまんで動かす方式になった。

 「Oculus Link」を通してPC用のコンテンツを利用することも可能だ。これに関連して、同社はPC専用のVRゴーグルの開発を終了すると発表した。今後は一体型VRゴーグルに注力することとなる。現行の「Oculus Rift S」は2021年に販売終了し、後継機も登場しない。とは言え、「Riftプラットフォームはどこにも行かない」としており、一体型VRゴーグルでPC用のコンテンツもまかなうのがこれからの方針のようだ。

 

出典:INTRODUCING OCULUS QUEST 2, THE NEXT GENERATION OF ALL-IN-ONE VR

 Reported by 宮川泰明(SPOOL)

ドスパラサイトでVR機器をチェック!


Oculus関連情報はこちら!

その他新着情報はこちら!