Leap Motionが制御ソフト「Orion」を大幅アップデート、トラッキング精度が向上

 2018年6月11日、ハンドトラッキングセンサーを開発、販売しているLeap Motionは、公式ブログで基本ソフト「Orion」のアップデートを発表した。現在はベータ版が利用できる。

・Introducing the Latest Generation of Orion Tracking
http://blog.leapmotion.com/v4/

 Leap Motionは同名のハンドトラッキング用センサーを販売している。VRゴーグルが一般的になる前からハンドトラッキングを研究しており、同社の製品は最も有名なハンドトラッキングセンサーと言ってよいだろう。センサーユニット自体の新製品は登場していないが、ソフトのアップデートは継続的に行われている。

 今回のアップデートでは指のトラッキングの精度向上、手の検知速度と安定性の向上、誤認しやすい背景や強い光といった良くない環境下での精度向上などが図られているという。その成果をアピールするため、3種類の新しいデモを用意した。いずれも同社のセンサーのユーザーはダウンロードして利用可能だ。デモの様子は動画で確認できる。

Reported by 宮川泰明(SPOOL