Appleが「ARKit 2.0」を発表、ARをマルチユーザーで利用可能に

 2018年6月4日から8日にかけて、Appleは開発者向けイベント「WWDC 2018」を開催している。4日の基調講演では「iOS 12」と「ARKit 2」が発表された。

 iOSは「iPhone」や「iPad」シリーズで採用しているOSだ。毎年アップデートを重ねており、2018年にはバージョン12になる。同時にARプラットフォームのARKitもアップデートし、ARkit 2となった。

 ARKit 2ではマルチユーザーに対応し、講演中のデモでは1つのARゲームを2人で遊ぶ模様が披露された。その模様を別のユーザーが見るという使い方もできるという。

 他にも標準のARアプリ「Measure」と新しいAR用ファイルフォーマット「USDZ」も発表した。Measureはその名の通り長さを測るアプリ。始点と終点をタップすると長さが表示される。AR内の物ではなく、現実の物を測れる。四角形の物を認識する機能もあり、フォトフレームを真上から写すと枠を自動検出するというデモも行われた。

 USDZはARオブジェクトの情報を格納し、様々な場面で利用可能にするフォーマットだ。ニュース記事に埋め込んでおく、通販サイトで実物大の商品が見られるようにするといった使い方ができる。

 最後にLEGOとの提携を発表し、開発中のアプリを見せた。実物のレゴで作った建物をカメラで映すと周囲に道路が現れ、キャラクターを操作してイベントを進めるといったコンテンツを盛り込めるとアピールした。

 2時間ほどの基調講演の中では、iOS、「watch OS」、「tvOS」、「macOS」と4種類のOSのアップデートが発表された。iOSはトップバッターで、ARはその中でも2番目に位置付けられていた。AppleがARに力を入れていることの証左と言えるだろう。新しい機能を活用したアプリが多く登場することに期待したい。

 基調講演の模様は以下のページで動画を見られる(英語のみ)。iOSの話題は9分20秒付近、ARの話題は15分付近から始まる。

・WWDC 2018 Keynote
https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2018/101/

Reported by 宮川泰明(SPOOL