グローブ型のコントローラー「VRFree」が「Indiegogo」に登場、両手の全ての指をトラッキング可能

 2018年5月28日、クラウドファンディングサービスの「Indiegogo」にVR向けのグローブ型コントローラー「VRFree」が登場した。位置トラッキングに対応するほか、全ての指をトラッキングできる。

・VRfree glove system
https://www.indiegogo.com/projects/vrfree-glove-system-vr/

 投稿したのはスイスのベンチャー企業、Sensoryx。クラウドファンディングを利用するケースとしては珍しく、製品の開発は終わっており、集まった資金は生産だけに利用するとしている。

 VRFreeはゴーグルに取り付けるユニットと1対のグローブで構成される。詳細は公開していないが、6種類のセンサーを搭載しているという。VRゴーグルの機能に依存せず、VRFreeだけで手の位置トラッキングと指の動きのトラッキングが可能だ。

 マルチプラットフォームに対応しており、様々なVRゴーグルで利用できる。HTCの「VIVE」やOculusの「Rift」はもちろん、MicrosoftのMixed Reality対応ゴーグル、「Oculus Go」やGoogleの「Daydream」といったモバイルVRにも対応するとしている。

 ハンドトラッキングはLeap Motionの提供する同名のセンサーに代表されるように、赤外線カメラを使った光学式が多い。しかしこれには映っていない部分をトラッキングできないという課題がある。例えばゴーグルにカメラが内蔵されている場合、缶を持って裏側のラベルを見ようとすると手が隠れてしまう。角度によっては指を曲げていることさえ分からなくなる。その点、グローブを使う方式なら内蔵したセンサーがあるので見失うことはない。グローブを装着すること自体はデメリットと言えるが、代わりに高い精度でのトラッキングが可能になる。

 支援のプランは320米ドルでVRFreeが1セットもらえるものが基本で、数量限定で割引になるプランもある。プロジェクトの後に通常販売も予定しており、その際は399米ドルになるようだ。プロジェクトの期間は6月下旬までで、目標金額は3万米ドル。日本への出荷にも送料30米ドルで対応しているが、無線機能について日本の技適を取得しているかは記載がない。

Reported by 宮川泰明(SPOOL