ジャパンディスプレイがVRゴーグル用ディスプレイの新モデルを発表、1001ppiの高密度

 2018年5月10日、ジャパンディスプレイはVRゴーグル専用の液晶ディスプレイ「1001ppi LTPS TFT-LCD」を発表した。その名の通り、1001ppiと非常に画素密度が高い点が特徴となる。

・高精細VR専用液晶ディスプレイ1001ppiを開発
http://www.j-display.com/news/2018/20180510.html

 1001ppi LTPS TFT-LCDは3.25型の液晶ディスプレイで、解像度は2160×2432ドット。液晶方式はIPSで、「VR専用」とうたっている。2017年12月には3.6型で1920×2160ドット(803ppi)のモデルを発表していたが、VRゴーグルの小型化のためには803ppiではまだ不十分だとしている。

 前モデルからの改善点は画素密度だけでなく、リフレッシュレートは90hzから120Hzに、応答速度は4.5ミリ秒から2.2ミリ秒に引き上げられている。これにより、画像のぶれや表示の遅延を低減しているという。

 ハイエンドのVRゴーグルでは、ディスプレイに応答速度で優れた有機ELを採用するケースが多い。画素密度の面でも1000ppiを超える有機ELディスプレイは発表されている。しかし有機ELディスプレイは価格が高いため、必然的に採用する製品はハイエンドモデルが中心になる。普及価格帯のVRゴーグルでは比較的価格の安い液晶ディスプレイが採用されるため、今回の製品により、安めのVRゴーグルの性能が底上げされることが期待できそうだ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL