人物・キャラクターに特化した3Dファイル形式「VRM」が登場、3Dアバターを使いやすく

 2018年4月16日、ドワンゴは人物・キャラクターに特化した3Dデータのファイル形式「VRM」を発表した。

・VR向け3Dアバターファイル形式「VRM」を開発・提供開始
オープンソースで公開、VR新サービス「バーチャルキャスト」も対応
http://dwango.co.jp/pi/ns/2018/0416/index3.html

 VRMは、ソフトやプラットフォームごとに異なる3Dデータの形式を統一して扱いやすくすることを目指した規格だ。

 3Dモデルのファイル形式には複数の種類があり、従来はあるソフトで使っていたデータが別のソフトでは使えなかったり、変換処理が必要になったりと使いにくい面があった。そこで同社は特定のプラットフォームに縛られない、汎用のフォーマットを作った。

 VRMを使うことで、アバターを使ったリアルタイム配信(いわゆる「生放送」)をしたり、同じアバターでVRのチャットサービスを利用したりといったことができるようになる。

 ベースとなっているのはKHRONOSの提供する「glTF 2.0」だ。3Dデータの頂点情報やテクスチャーなどを記録するのが基本で、そこにVRMならではの機能の取捨選択を行っている。glTF 2.0が本来扱えるアニメーション、カメラ、光源といった一部の要素は省いており、反対にアバターとして使う場合に必要な一人称視点に特有の設定項目などを追加している。

 3Dキャラクターのデータに、製作者のライセンス情報も同梱できる。ユニークな点は「アバターの人格に関する許諾範囲」と「再配布・改変に関する許諾範囲」が設定できることだ。

 アバターとして使われる場合、扱う人によってキャラクターのイメージから外れた使い方をされてしまうかもしれない。そこでそのキャラクターをアバターとしては使えないようにする、使えるとしても暴力表現は禁止するといった許可の仕方が可能になる。

 また、今後は自分のアバターで他人の生放送に参加するといった新しい使い方も出てくるため、これまでのデータ再配布規定ではフォローできない部分もあるという。そこで、そうした使い方も想定した許諾を設定できるようにしたのが「再配布・改変に関する許諾範囲」だ。

 これまでは、3Dデータを扱うソフトがどの形式に対応しているかで使えるデータ、使えないデータが分かれていた。VRMにより3Dデータが扱いやすくなり、よりカジュアルに使えるようになるのは歓迎すべきだろう。

 一方で、VRMも一ファイル形式であるため、ソフトが対応しなければ使えないことには変わりない。今後はどう普及させていくかが課題になるだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL