「VIVE Pro」が発売、初回入荷は即売り切れ

 2018年4月6日、HTCの新型VRゴーグル「VIVE Pro」が「VIVE Pro HMD(アップグレードキット)」として発売となった。コントローラーとベースステーションは別売で、価格は10万1520円(税込み)。ただし、直販を含めどこの販売店も販売開始してすぐに売り切れてしまったようだ。

 VIVE Proは従来の「VIVE」の後継品ではなく、上位版という位置付けだ。最も大きな変更点はディスプレイの解像度が1080×1200ドット×2から1440ドット×1600ドット×2に向上したこと。解像度は上がっているがディスプレイサイズは3.6型から3.5型へと小さくなっており、画素の密度が上がっていることが分かる。画素密度が高いと、画素の隙間が格子状の模様として見えてしまう「スクリーンドアエフェクト」が起こりにくくなり、よりクリアな映像が得られる。ディスプレイはAMOLED(アクティブマトリクス有機EL)を採用しており、リフレッシュレートは90Hz、レンズを通した視野角は110度と、これらの点はVIVEから変わっていない。

 ディスプレイの解像度の他にも変更点は多い。例として、標準でヘッドホンを搭載していること、フロントカメラが1個から2個に増えていること、頭部への固定方法が面ファスナーからダイヤル方式になったことが挙げられる。

 映像用のケーブルはHDMIからDisplayPortに変更され、リンクボックスも新しくなった。現時点ではまだ利用できないが、新しい位置トラッキングシステムの「SteamVR Tracking 2.0」にも対応している。3個以上のベースステーションを使って、これまでより広いエリアで利用可能になると期待されている。

 HTCはVIVE ProにSteamVR Tracking 2.0対応のコントローラーとベースステーションを同梱したキットの準備を進めている。現状はアップグレードキットという名称の通り、既にVIVEの環境を持っている人がアップグレードして一足先に体験するための製品と言えるだろう。

 従来モデルのVIVEは8万4110円から6万9390円(いずれも税込み)に値下げして併売となるため、安くなったこちらを狙うのもありだ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL