「VIVE Pro」の発売日が4月6日に決定、VRゴーグルのみで税込み10万1520円

 2018年3月19日、HTC NIPPONは4月6日に「VIVE Pro HMD(アップグレードキット)」を税込み10万1520円で発売すると発表した。ベースステーションやコントローラーは付属しないため、名前の通り既存の「VIVE」の環境をアップグレードするための製品となる。6月3日までに購入するとオンラインストア「Viveport」のサブスクリプションを6ヵ月利用できるキャンペーンも実施する。

 「VIVE Pro」は今年1月に発表されたVRゴーグルの新モデル。ディスプレイ1枚当たりの解像度が、VIVEの1080×1200ドットから1440×1600ドットに引き上げられていることが特徴だ。ディスプレイのサイズは3.6型から3.5型に若干小さくなっており、画素の密度は解像度の差以上に上がっている。画素の密度が高くなるとくっきりとした映像が得られるほか、「スクリーンドアエフェクト」と呼ばれる、画素と画素の隙間が網目のように見えてしまう現象が抑えられる。

 VIVE Proは新しいトラッキングシステム、「SteamVR Tracking 2.0」にも対応する。ただし、バージョン2.0に対応したベースステーションはまだ発売していないため、登場するまでは従来のバージョン1.0の環境で利用することとなる。

 パッケージには、ゴーグル本体のほかにケーブルやリンクボックスなどが付属する。映像ケーブルはDisplayPort。VIVEはHDMIを採用していたが変更になった。ベースステーションとコントローラーが付属していないため、これだけ購入しても利用できない点は注意が必要だ。ベースステーションとコントローラーは直販で個別に購入できるが、それぞれ税込みで1万7000円と1万6000円。2個ずつセットで使うため合計6万6000円が別途必要になる。

 同社は同時にVIVE(こちらはフルセット)の値下げも実施しており、既に税込み6万9390円で購入できる。従来は8万4110円だったので、およそ1万5000円の値下げとなった。VIVE Pro HMD(アップグレードキット)に不足している周辺機器を購入するのと3390円しか差額がないため、一から環境をそろえる場合でも、VRゴーグルが1個余計に手に入るこちらを選んだ方が良さそうだ。運用に工夫は必要だが、1対のベースステーションで2個のゴーグルをトラッキングして利用できる。

 VIVE Proと比べると少し地味だが、トラッキング用アクセサリーの「VIVE トラッカー」にも後継モデルの「VIVE トラッカー (2018)」が登場した。こちらはセンサーが新しくなり、SteamVR Tracking 1.0/2.0両対応となった。先述の通り2.0対応のベースステーションがまだないため、しばらくは従来モデルと同じ使い方となる。こちらは3月23日の発売。価格は従来モデルと同じで税込み1万2500円だ。

 VIVE Proはディスプレイの解像度が上がって体験レベルが向上するとは言え、現時点でVIVEに10万円上乗せする価値があるかは人によって意見が分かれるところだろう。フルセットでなくVRゴーグル単体での販売となったのは、少しでも価格を抑えたいという考えもあったのかもしれない。

Reported by 宮川泰明(SPOOL