Microsoft Researchが「両手を使った作業」をテーマにしたVR向けアダプターを開発

 Microsoftの開発部門であるMicrosoft Researchが、VRで利用する触覚フィードバックのアダプター「Haptic Links」を公開した。ユニークな点は、両手の関係をテーマにしていることだ。例えば、棒の両端を持って片方の手を動かすと、連動してもう片方の手も動く。当たり前なのだが、これまでのVRコントローラーにはなかった視点だ。

・Haptic Links: Bimanual Haptics for Virtual Reality Using Variable Stiffness Actuation
https://www.microsoft.com/en-us/research/publication/haptic-links-bimanual-haptics-for-virtual-reality-using-variable-stiffness-actuation-2/

 Haptic Linksは両手のコントローラーをつなぐ形で取り付ける。間にあるジョイントがコントローラーの位置関係を固定したり開放したりすることで、両手で操作している感覚を再現する。用途によって3種類用意した。

 ピストルとライフルでは持ち方が全く違う。デモ動画では、ピストルを持っている場合は自由に両手を動かせるが、ライフルに持ち変えると両手の位置関係が固定される様子が紹介されている。これにより、棒状の物を持っている感覚が得られる。弓矢なら引く際の手応えと射った後の緩みを再現できるし、車やバイクのハンドルなら操作の際に両手が連動して動く。このように両手の動きが相互に与える影響を現実にフィードバックすることで、より没入感が高められるという。

 あくまで研究目的の試作品なので、これらが直接製品になることはないだろうが、VR内の物を触るというアプローチの一つとして興味深い。動作の様子はデモの動画で確認できる。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?