Googleが「ARCore 1.0」を発表、対応スマホも拡大

 2018年2月23日、Googelは公式ブログを更新し、2月26日~3月1日に開催される「MWC(Mobile World Congress) 2018」に合わせて「ARCore 1.0」を発表した。

・Announcing ARCore 1.0 and new updates to Google Lens
https://www.blog.google/products/google-vr/announcing-arcore-10-and-new-updates-google-lens/

 ARCoreはAndroid搭載スマートフォン向けのARアプリを開発するためのSDK(Software Development Kit)。開発者向けには既にプレビュー版が提供されているが、今回正式版となる。また公式オンラインストアの「Play Store」でARCoreを利用したアプリを公開できるようになるという。

 現在、ARCoreの対応端末はGoogleの「Pixel」「Pixel 2」シリーズやSamsungの「Galaxy S7」「同S8」シリーズなど13機種のみと少ない。ただ、今後対応モデルは拡大する見込みだ。

 また、Goolgeは同時に「Google Lens」の実装も発表した。Google Lensは写真などに写っている対象を読み取り、情報を表示する機能だ。例えば、建物を撮影すると建物名が確認できるようになる。クラウドサービスの「Google Photo」に組み込まれ、最新バージョンの英語版アプリで利用できる。また、数週間のうちに「Google Assistant」での利用も一部の端末で可能になる予定だ。こちらは写真撮影しなくてもカメラで映している映像から情報を取得できる。こちらもまずは英語版のみだ。

 対応端末がまだ少ないのがネックとなるものの、公式のSDKが利用できるとなれば、今後AndroidベースのARの利用が進むと見られる。

Reported by 宮川泰明(SPOOL