Qualcommが一体型VRゴーグルのリファレンスモデルを発表、体験向上のための機能も搭載

 2018年2月21日、Qualcommは同社の新CPU(SoC)である「Snapdragon 845」を搭載した一体型VRゴーグルのリファレンスモデルを発表した。

・Qualcomm Announces New Snapdragon 845 Mobile VR Reference Design To Fuel Next-Generation VR Experiences
https://www.qualcomm.com/news/releases/2018/02/21/qualcomm-announces-new-snapdragon-845-mobile-vr-reference-design-fuel-next

 同社はVRゴーグルの販売は行っていないため、これはサードパーティのメーカーがSnapdragon 845を採用したVRゴーグルを開発する際に参考にするためのモデルだ。製品として流通はしないが、各メーカーの製品に影響を与える。

 同社は前モデルの「Snapdragon 835」でも同様にリファレンスデザインの一体型VRゴーグルを開発していた。しかし、新モデルはただSoCをアップグレードしただけではなく、新しい機能も搭載している。注目の新機能は2つある。

 1つ目は「Adreno Foveation」だ。これは一般的には「Foveated Rendering(フォービエイテッドレンダリング)」と呼ばれる技術。目の焦点が当たっているエリアだけ高解像度で描画し、エリアの外側は解像度を下げることで全体の描画負荷を下げる。人の目も視界の端ははっきりと見えないため、解像度を下げても体験レベルには影響しない。見ているエリアを検出する必要があるため、実現するにはアイトラッキング機能も必須となる。

 2つ目は「SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)」だ。これは映像から奥行きを認識する技術で、そこに壁がある、テーブルがあるといった情報を検出できるようになる。これまでSLAMはARでの活用が進んでおり、CGを正しい場所に配置ために使われている。VRにおいては、プレイエリア内にある障害物を認識できるようになると期待されている。VRでは初期設定でプレイエリアを指定するが、例えばエリア内にソファーがあってもそれは検出できない。SLAMを使えばそこに何かがあると分かるので、ぶつかってしまうことを避けられる。

 一体型VRゴーグルが位置トラッキングを搭載する場合、外部センサーを使わないinside-out方式になるのが自然だ。inside-out方式はカメラの映像を使うため、同様に映像を使うSLAMは相性がよい。位置トラッキングとSLAMを組み合わせると、障害物にぶつかる心配をせずにVR空間を自由に移動できることになる。

 あくまでリファレンスモデルのため、実際の製品がこれらの機能を搭載するとは限らない。しかし、一体型VRゴーグルでできることが増えるという期待はしてもよさそうだ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL