ASUS製MRゴーグルが米国で販売開始、価格は429ドル

 2018年2月20日、ASUSTeK Computerは米国でWindows Mixed Reality(MR)対応VRゴーグルの「ASUS Windows Mixed Reality Headset HC102」(以下HC102)を発売した。メーカー希望小売価格は429米ドルだ。

・Announcing the ASUS Windows Mixed Reality Headset HC102
https://www.asus.com/us/News/6G3Gm4P5h0JFpjWj

 HC102はAcerの「Acer Windows Mixed Reality Headset AH101」やDellの「Dell Visor with Controllers VRP100」などと同時期に発表されたものの、発売は遅れていた。今年1月に開催されたイベント「CES 2018」で今年の第1四半期に米国で発売予定と発表しており、今回の発売はそのスケジュールに沿ったものだ。

 主な仕様は他社製のMR対応ゴーグルとほぼ同じだ。1440×1440ドット、90Hzの液晶ディスプレイを2枚搭載し、フレネルレンズで視野角を広げる。視野角は片目で95度、両目で105度となる。前面のカメラを使ったinside-out方式の位置トラッキングが利用できる。ゴーグルの重量は400g以下と軽い部類で、頭部への負担が少なくなるよう重量バランスを調整しているという。MRの標準コントローラーが2個付属する。

 今回発売したのは米国のみだが、いずれ他の地域でも発売するだろう。少し遅くなったものの、これで発表されていたMR対応ゴーグルは一通り市場に登場したことになる。

Reported by 宮川泰明(SPOOL