Lenovoが一体型VRゴーグル「Mirage Solo」を発表、Daydreamに対応

 2018年1月9日、LenovoはGoogleの「Daydream」プラットフォームに対応した一体型VRゴーグル「Mirage Solo with Daydream」を正式に発表した。Daydream対応の一体型VRゴーグルはGoogleが昨年5月に同社のイベント「Google I/O 2017」で発表しており、その最初の製品となる。

・Introducing the New Lenovo Mirage Solo with Daydream
http://blog.lenovo.com/en/blog/cut-the-cables-and-immerse-yourself-in-virtual-reality-like-never-before-wi

 Mirage Solo with DaydreamはPC等の外部機器なしで利用できる一体型VRゴーグルで、inside-out方式の位置トラッキング機能「WorldSense」が利用できる。そのため、ルームスケール相当のVRコンテンツをゴーグル単体で楽しめるのが特徴だ。

 CPU(SoC)はQualcommの「Snapdragon 835」を採用。メモリーは4GB、ストレージは64GB内蔵しており、最大256GBのmicroSDカードに対応する。ディスプレイは5.5インチの液晶で、解像度は2560×1440ドット。リフレッシュレートは75Hzで視野角は110度だ。重量は645g。前面にトラッキング用のカメラを2個搭載している。4000mAhのバッテリーを内蔵しており、1回の充電で最大7時間動作するという。

 ヘッドストラップはソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PlayStation VR」に似た外観だ。額部分にもクッションが配置されており、締め付けの調節は後頭部のダイヤルで行う。長時間装着しても疲れにくいように設計したとしている。

 Bluetooth接続のコントローラーが1個付属する。ただし、こちらは位置トラッキングには対応しない。

 コンテンツは従来のDaydreamに対応したものが利用できるが、位置トラッキングに対応したものは少ない。この点は今後の課題となるだろう。発売は2018年第2四半期の予定。プレスリリース等に価格情報はないが、「UPLoadVR」等の海外ニュースサイトでは400米ドル以内と紹介している。

・CES 2018: Lenovo’s Mirage Solo Standalone Daydream Headset Starts Under $400
https://uploadvr.com/lenovo-mirage-solo-daydream-price/

Reported by 宮川泰明(SPOOL