VR対応も視野に入れたAppleの「iMac Pro」が発売。最大18コアCPUとAMDの「Radeon VEGA」を搭載したディスプレイ一体型PC

 Appleはクリエイター向けのハイエンドPC、「iMac Pro」を本日、2017年12月14日に発売する。ただし、本稿の執筆時点ではまだ注文できない状態だ。

・iMac Proの製品ページ
https://www.apple.com/jp/imac-pro/

 iMac Proはディスプレイ一体型のデスクトップPCだ。これまでハイエンドモデルの「Mac Pro」はディスプレイとは独立した方式だったが、大きく方向転換した。もともと一体型PCは「iMac」シリーズとしてコンシューマー向けに展開していたが、いわゆるプロ向けのハイエンドモデルはなかった。

 ハイエンドモデルらしく、仕様は豪華だ。CPUはIntelのXeonシリーズを採用。8コア、10コア、18コアから選択できる。メモリはECC付きのDDR4-2666で、容量は32GBか64GB。ストレージはSSDが1T~4TB。GPUはAMDの「Radeon Pro Vega 56」か「同Vega 64」を選べる。外部端子はUSB 3.0 Type-AとThunderbolt 3端子が4個ずつ、SDカードリーダー、3.5mmのヘッドホン端子、LAN端子を備えている。有線LANは10Gbit Ethernetに対応する。そのほか、IEEE 802.11 b/g/n/acに対応した無線LANとBluetooth 4.2も利用可能だ。ディスプレイは27型で、解像度は5120×2880ドット。パネルの方式は公開されていない。

 高性能なパーツを搭載しただけでなく、冷却面もアピールしている。中央の2個のファンで空気の流れを最適化し、発熱の大きい高性能なパーツを使っても筐体の厚さは従来のiMacから変えていないという。

 製品ページにもあるように、同社はiMac Proをクリエイター向けと位置付けている。その中にVRも含まれており、製品概要の中でも言及している。今年の6月に行われた開発者向けイベントではMac OSのSteamVRへの対応も発表されており、同社がVRへの対応を進めているのが分かる。

 iMac Proの価格は4999米ドルから、とされている。同社の「iPhone」シリーズと同じレートで計算すると、日本円では約56万5000円だ。こうした表現は通常最低スペックでの価格なので、18コアのCPUや4TBのSSDを選択するとさらに価格は上がる。高価だが、制作環境としては最高クラスとなるのは間違いない。注目している人も多いだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?