「VIVE Focus」が中国で発売へ、価格は7万円台

 2017年12月7日、HTCは中国で一体型VRゴーグルの「VIVE Focus」を正式に発表した。海外ニュースサイトの「Road to VR」が報じた。

・HTC Announces Pricing, Pre-order Date & Specs for Vive Focus Standalone Headset
https://www.roadtovr.com/htc-announces-pricing-pre-order-date-specs-vive-focus-standalone-headset/

 VIVE FocusはHTCが発表していた、inside-out方式の位置トラッキング機能を搭載した一体型VRゴーグル。CPUにSnapdragon 835、ディスプレイに2880×1600ドットの高解像度AMOLEDを搭載している。リフレッシュレートは75HzとVIVEの120Hzより低いが、視野角は110度と同じだ。コンテンツは「VIVE WAVE」という独自のプラットフォームで提供される。

 中国向けの製品で、それ以外の地域での販売予定は発表されていない。ほぼ同じシルエットでGoogleの「Daydream」対応一体型VRゴーグルも発表していたが、こちらはキャンセルになっている。

 VIVE Focusは「Electric Blue」と「Almond White」の2色が販売され、それぞれ4,229元、3,999元。日本円に直すと、およそ7万~7万5000円だ。12月12日に予約販売が始まり、発売は2018年1月になるという。

Reported by 宮川泰明(SPOOL