VR内で受ける風を再現するアクセサリーが「Kickstarter」に登場

 2017年11月2日、クラウドファンディングサービスの「Kickstarter」にVRゴーグル用のアクセサリー「ZephVR」が登場した。投稿したのは米Weasel Labs。VR内の風を現実に再現するアイテムだ。

・ZephVR - Real Wind for Virtual Reality
https://www.kickstarter.com/projects/1089532524/zephvr-real-wind-for-virtual-reality/updates

 VRの没入感を高めるには様々な方法がある。中でも現実の体感に結びつける方法は効果的だ。同社は風に着目した。VRゴーグルの下部に取り付けた2個のファンで装着者の顔に風を当てる。VR内で風を受けた時や高速に移動している時などのシーンで実際に風を感じられると、現実感が増す。

 ZephVRは風を送るタイミングにコンテンツ内の風の音を解釈して利用している。機械学習でコンテンツ内の風の音を認識できるようにしたという。コンテンツ側で対応する必要がないため「全てのゲームで動作する」としている。

 対応するVRゴーグルはHTCの「VIVE」、Oculusの「Rift」、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PlayStation VR」の3製品。アップデートで追加される可能性もあるようだ。

 支援のプランはVIVE、Rift用とPlayStation VR用で分かれている。それぞれ89米ドル、119米ドル以上の支援で1個受け取れる。PlayStation VR用の方が高いのは、接続に使うアダプターが追加されるためだ。数量限定で割引になるプランもある。日本へも配送可能で、送料は20米ドル。目標金額は30,000ドルだが、本稿の執筆時点で既に達成している。プロジェクトは12月4日まで。出荷は2018年5月を予定している。

Reported by 宮川泰明(SPOOL