富士通がWindows MRゴーグルを発表、予約の受け付けも開始

 2017年10月17日、富士通は個人向けPCの新モデルと併せてWindows Mixed Reality(MR)対応ゴーグルを発表した。既に直販サイトや通販サイトで予約可能だ。

 直販サイトでは「MRヘッドセット+コントローラ (FMVHDS1)」という名前になっているが、特別に製品名は設けていないようだ。製品仕様欄には「Windows Mixed Reality Headset」「Windows Mixed Reality Motion Controllers」と表記されている。価格はモーションコントローラー2個とのセットで税込み57,024円。提供開始日は11月下旬だ。

 ゴーグルは1440×1440ドットの2.89型ディスプレイ×2(方式は未発表)を備え、リフレッシュレートは60Hzまたは90Hz。ケーブルは4mで、端子はUSB Type-AとHDMIが1個ずつ。外形寸法は幅182×奥行き290×高さ138mm、重量は415g(ケーブル含まず)。MRゴーグルは外装とヘッドストラップ以外ほぼ同じ仕様の製品が多く、富士通製ゴーグルも大きく外れてはいないようだ。

 同社は『「Windows Mixed Reality」体感キャンペーン』を予定している。11月中旬以降に開設されるキャンペーンサイトで応募すると、DMM.comでVR動画を購入できるポイントを2000ポイント、「ウルトラマン」のVRコンテンツを受け取れる。それぞれ先着2,000名、400名と人数は限られている。

 これまでまったく情報が公開されていなかったが、国内メーカーからMRゴーグルが登場した形だ。しかも、価格はAcer製より安い。キャンペーンもあるため、MRゴーグルの購入を検討している人は選択肢に入れておくとよいだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?