Windows Mixed Reality対応ゴーグルが発売、利用にはWindowsの更新が必要

 2017年10月17日、Windows Mixed Reality(MR)対応ゴーグルが発売となった。予約していた人は本日届くケースもあるようだ。

 ただ、本日12時の時点で販売を確認できたのはAcerの「Acer Windows Mixed Reality Headset」のみ。価格はショップによって少し差があるものの、MR用モーションコントローラー2個とのセットでおよそ59,000円だ。ASUSTeK Computer、HP、DELLは直販のストアにも販売ページは見つけられなかった。Lenovoは国内の発売は未定と表示していた。

 MRゴーグルは、こちらも本日配布が開始するWindows Fall Creators Updateで正式に対応する。正常に動作させるにはWindows Updateが必要となる。こちらはサーバー負荷を軽減するため順次適用可能になる仕様なので、ゴーグルが手元にあってもすぐ使えないという状況が生まれそうだ。

 大型アップデート後はMicrosoftのWebサイトから入手できるWindows 10のISOイメージもアップデートされるため、ダウンロードして適用するという手段もある。ただ、こちらの更新時期は不明だ。何日待ってもアップデートできない場合に検討すると良いだろう。

 MicrosoftはMRゴーグルがValveの「SteamVR」に対応すると発表している。こちらはまだプレビュー版が開発者向けに提供されている段階で、ユーザー向けに公開されるのは今年の年末になる予定だ。

 Oculusが「Rift+Touch」の価格を50,000円に引き下げたため、MRゴーグルは最も安いVRゴーグルという位置付けではなくなってしまった。SteamVRのコンテンツを利用したいという人は、正式対応が発表されるまでもう少し待っても良いのではないだろうか。

Reported by 宮川泰明(SPOOL