ジェダイチャレンジ、8K HMD、バーチャル物件案内、リアルな力を伝えるテレプレゼンスなど「CEATEC JAPAN 2017」のVR

 2017年10月3日(火)~6日(金)の日程で、千葉・幕張メッセにて「CEATEC JAPAN 2017」が開催された。主催はCEATEC JAPAN 実施協議会。テーマは「つながる社会、共創する未来」。

 CEATECはもともとは先端家電技術の展示会だったが、今では各種デバイス技術だけではなく、それらを繋げて活用するIoT、人工知能(AI)、ロボット、スマートトイなどの技術の展示会という色合いが強くなっている。多くの来場者たちが、各種技術の融合した先にあるだろう次世代ビジネスの種、新たな可能性を探っている。

ユカイ工学株式会社のクッション型ロボット「Qoobo(クーボ)」。なでると尻尾をふる。CEATEC会場で米国メディアパネル・イノベーションアワードの特別賞である「Gadget Nation Award」を受賞した

 本誌では、VR関連の技術展示をいくつか紹介する。

KDDIによる自由視点VR生成技術のデモ。複数カメラを使って空間をリアルタイム(遅延約1秒)にモデル化

カメラ視点に制約されない自由視点で対象を見ることができる。選手視点、審判視点も再現できるので、将来的にはVRデバイスと併用することでトップ選手との対戦なども実現可能

KDDIブースではテレイグジスタンス・ロボットシステムの「TELESAR V」も出展。慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究科の舘研などによる触覚も伝えられる遠隔操作ロボット

「TELESAR V」のマスター(操作)側

KDDIブースでは「バーチャル不動産案内」も。フォトリアルなVR世界でバーチャルアテンダントによる不動産物件案内

デンソー「Vehicle VR Actuation Technology」。小型EV自動車を体感型VRマシンにしたもの。止まってる状態のモビリティに新たな価値を生み出すことができる。エンタメのほか観光案内サービスなどを想定している

同じくデンソーブース。こちらは生体センシング研究のデモにVRを活用した例

Lenovoブース。シースルー型のAR(拡張現実)を使ったゲーム「ジェダイ・チャレンジ」。目の前に現れるシスの暗黒卿とライトーセーバーで戦うゲーム

LenovoミラージュARヘッドセット。ライトセーバー型コントローラー、トラッキングビーコンを使用する

ASUKANETブース。「AIプレート」を用いた空中ディスプレイ。あたかもその場にいるかのように見えるコンパニオンの女性と握手しようと多くの人が行列した

イギリスの企業kino-moブース。「Hypervsn」という空中ディスプレイ技術のデモは黒山の人だかり。実際には十字型の棒を回転させているのだが、肉眼ではもっと本当に浮いているように見える

シャープブース。NTTドコモ製の5G時代を視野に入れた8K 60fps立体音響VR映像視聴視聴システムをデモ。ディスプレイはシャープ製 1008ppiのIGZOディスプレイ

Pimaxの 8K 高精細HMD。解像度は3480px × 2160pxを2枚使用。視野角度は200度。重量300g

株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングスによる車椅子型VRレーサー「CYBER WHEEL」。最高時速60キロの世界を体験できる。パラスポーツを技術で拡張する試みの一つ

パナソニックのウェアラブル機器向け小型2次電池。小型ピン型とフレキシブルタイプを出展。小型電池はVR機器にも応用されそうだ

慶應義塾大学ハプティクスセンターによる力触覚伝送技術。「リアルハプティクス」と呼ぶテレプレゼンス技術で、操作者はロボットによる力を実際に感じながら遠隔操作ができる

埼玉大学工学部 境野研究室による電気刺激による身体間触覚通信。左側の操作者の感覚を電気刺激で右側の被操作者に伝える。また被操作者側の姿勢変化を逆に伝えることもできる

ベンチャー企業の海馬によるテレプレゼンスロボット「CAIBA」。HMDをつけて操作するロボット。一方向通信のみの簡易化したテレプレゼンスロボットで、羽田空港そのほかで実証実験を行なっている

産業技術総合研究所ブース。Microsoftホロレンズと深層学習技術を使った日用品の物体認識システム。どの方向から見ても物体認識ができる

Reported by 森山和道