9月5日に「Rift」のセールが終了、値下げされた通常価格へ移行

 2017年9月5日に、Oculusの「Rift」が税込み5万円となるサマーセールが終了する。同社が公式ブログで発表した。同セールは7月10日から始まっており、約2カ月と長期間続いたことになる。

・Summer of Rift Ends September 4: Introducing New Bundles, ‘Star Trek: Bridge Crew’ Promo, and More!
https://www.oculus.com/blog/summer-of-rift-ends-september-4-introducing-new-bundles-star-trek-bridge-crew-promo-and-more/

 正確には、セールが終了するのは太平洋標準時夏時間(PDT)の9月4日の午後11時59分。日本でも同時に終了するのであれば、9月5日の午後3時59分となる。終了後はセール価格の399米ドルから499米ドルに移行する。国内価格は公開されていないが、近いレートで計算されるのであれば6万2000~6万3000円となる。

 セール中にはパッケージの変更もあった。セール前はRift本体と「Touch」コントローラーは別パッケージで、RiftとTouchのセットという形で販売されていた。しかし新パッケージではRiftとTouchが同じパッケージに収められている。またTouchが標準コントローラーになるため、旧パッケージに付属していた「Remote」コントローラーとXbox One用のコントローラーは付属品から外れた。新パッケージの価格が安くなった要因の一つだ。

 6万円台前半であれば、通常価格でも値下げしたHTCの「VIVE」より2万円ほど安い。価格面では、まだRiftが優位な状況が続きそうだ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL