LenovoがARゴーグル「daystAR」を開発中、新プラットフォームも立ち上げか

 2017年7月20日、Lenovoは中国、上海市で同社のカンファレンス「Tech World 2017」を開催し、開発中のARゴーグル「daystAR」を発表した。海外ニュースサイトの「Road to VR」が報じた。

・Lenovo Reveals AR Headset DaystAR
https://www.roadtovr.com/lenovo-reveals-ar-headset-daystar/

 発表があったのは、同社CTO(最高技術席に社)のYong Rui氏の講演。daystARは「独立した映像処理装置」を搭載したゴーグルで、40度の視野角を備えているという。「Lenovo AR Platform」を利用することで、様々なアプリケーションソフトを作成できるという。ただ、まだ動作デモはなく、具体的な仕様や使い方については非公開だ。

 Lenovoは公式ブログにも関連記事を投稿している。こちらでは、DaystARは複数ある「コンセプトモデル」の一つという扱いになっている。Lenovo AR Platformを通して、「Cloud Object Recognition」、リモートアシスタンス、マルチプレイヤーインタラクション、3Dコンテンツマネージャーといった機能が提供されるようだ。

・How We See A World Powered by AI
http://blog.lenovo.com/en/blog/how-we-see-a-world-powered-by-ai

 現時点でのカラーバリエーションは赤、青、黒、オレンジの4色。海外ニュースサイトの「Engadget」はモックアップの写真を掲載している。写真では前面にカメラやセンサーが確認できるため、位置トラッキングに対応すると思われる。

・Lenovo reveals AR headset and other ambitious AI concepts
https://www.engadget.com/2017/07/20/lenovo-ar-headset-ai-smart-speaker-concepts/#/

 発売時期や価格は非公開。独自のプラットフォームで利用することから、発売までにどれだけ対応アプリを充実させられるかも未知数だ。Lenovoは年末に向けてGoogleの「次世代Daydream」も開発中で、マイクロソフトの主導する「Mixed Reality」に対応するゴーグルも販売する予定だ。これらの製品と適切な住み分けができるのかも注目点となるだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL