ソニーがVRの位置トラッキングに関する特許を申請中、「PSVR」の後継機用か

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントがVRゴーグル用の位置トラッキングの仕組みに関する特許を米国で申請中だ。「PlayStation VR」の後継機のためではないかと海外ニュースサイトの「UploadVR」が報じている。

・Sony Patent Filing Reveals Unseen PSVR Design With Mix Of Tracking Tech
https://uploadvr.com/sony-patent-psvr-2-tracking/

 特許にあるのは、VRゴーグルとコントローラーの位置トラッキングに関する技術。ユニークな点は、ユーザー側とコンソール側両方にカメラとマーカーを用意することだ。

 通常、カメラとマーカーを使った位置トラッキングは、VRゴーグル側か演算装置側のいずれかにマーカー、もう片方にカメラを搭載する。現行のPlayStation VRは、VRゴーグル前面に内蔵したLED(マーカー)をテレビ等に据え付けたPlayStation Cameraが読み取ることで位置トラッキングを行っている。そのためPlayStation Cameraの死角に入るとトラッキングが途切れてしまう問題があった。今回の特許ではVRゴーグルやコントローラー側にもカメラを備えることで、課題を解決できる可能性がある。

 もちろん、特許を取得してもその技術が製品に搭載されるとは限らない。しかし、根強く期待されている「PlayStation VR 2」に向けて、研究開発が続いているのは間違いないようだ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL