Valve、「Index」の生産体制を強化、販売地域も拡大か

 Valveが販売しているハイエンドVRゴーグル「Index」。生産数が少ないことから、発売後も米国やEUなど限られた地域からしか注文できなかった。この状況が改善されるようだ。海外ニュースサイトの「UploadVR」が報じた。

・Valve Index Initial Supply 'Outpaced By Demand', Now Ships Immediately
https://uploadvr.com/valve-index-shipping-now/

 これまでIndexは米国とEU地域からしか注文できず、それも正式な注文ではなく「予約」という形だった。初回出荷分は6月末からユーザーの元に届き始めていたものの、その次の出荷は9月30日の予定となっており、生産数の少なさが伺える状態だった。

 しかし、それを受けてValveは生産体制を強化したようだ。ベースステーションやコントローラーが付属するフルセットについては出荷時期から9月30日の表記が消え、4~8日と改められた。注文の形式も予約から注文に変わっている。

 VRゴーグル単体やVRゴーグルとコントローラーのセットは予約受け付けのままだが、近いうちに同様に注文可能になるという。

 気になるのが、「他の地域でも同様のアナウンスが出る予定」としている点だ。具体的な地域には触れていないためEU地域だけを指している可能性もあるが、それ以外の地域での発売を示唆しているとも受け取れる。「Road to VR」の下記記事によるとパッケージのラベルには英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、日本語が書かれており、日本での発売は少なくとも計画があると思われる。

・Valve Index Set for June 28th Launch, New Orders Backlogged Until September
https://www.roadtovr.com/valve-index-pre-order-price-knuckles-controllers

 出荷予定を2ヶ月も早めるだけの生産体制を作ったことも驚きだが、それを決断させるだけの数の注文があったということだろう。近く日本でも発売されることを期待したい。

Reported by 宮川泰明(SPOOL