アニメ「リトルウィッチアカデミア」がVRゲームに、クラウドファンディングが開始

 2019年7月4日、UNIVRSはアニメ「リトルウィッチアカデミア」(制作:TRIGGER)を原作としたVRゲーム「リトルウィッチアカデミア-VRホウキレース- (仮)」を発表した。同日より、「Kickstarter」と「CAMPFIRE」でクラウドファンディングを開始している。

・「リトルウィッチアカデミア-VRホウキレース- (仮)」公式サイト
https://lwa-vr.com/jp/

 同作品は2013年にも映画化のプロジェクトをKickstarterで成功させており、クラウドファンディングを利用するのは今回で2回目となる。

 ゲーム内容は箒に乗って空を飛び回る「ホウキレース」。具体的なゲームシステムは公開されていないが、デモ動画やコンセプトアートでは空中に浮かんでいるリングを順番に通っていく様子が描かれている。ゲームモードはシングルプレイの「タッグレース」と他プレイヤーと競う「マルチプレイモード」が用意される予定だ。

 対応するVRゴーグルは「Oculus Rift」、「Oculus Quest」、「PlayStation VR」。「SteamVR」にも対応するため、「VIVE」シリーズやWindows Mixed Reality対応VRゴーグルでも利用可能と思われる。ゲームのリリースは2020年6月の予定。

 ゲーム本編は3000円の支援プランで受け取れる。他にもサウンドトラックやポストカード、設定資料集などのグッズが受け取れるプランも多く用意されている。VRゴーグルを持っていない人のためか、グッズのみというプランもある。

 KickstarterとCAMPFIREで各1名限定の「全部入り」となる最上位プランは100万円と高価だが、CAMPFIREでは既に完売している。プロジェクトの期間と目標金額は共通で、8月17日までに500万円の支援を目指す。

 同プロジェクトは米ロサンゼルス市で7月4~7日に開催されるイベント「Anime Expo 2019」に出展しており、開発中のプロトタイプを先行体験できる。国内でも8月上旬にCAMPFIRE本社で体験会が開催される。

Reported by 宮川泰明(SPOOL