池袋にVR体験施設「MAZARIA」がオープン、「VR ZONE」系列の新施設

MAZARIA

 2019年7月12日、バンダイナムコアミューズメントは東京、池袋にVR体験施設「アニメとゲームに入る場所 MAZARIA(マザリア)」をオープンする。JR池袋駅から徒歩8分という立地だ。

・「アニメとゲームに入る場所 MAZARIA(マザリア)」の公式サイト
https://bandainamco-am.co.jp/others/mazaria/jp/

 MAZARIAは「アニメやゲームのキャラクターたちと現実世界の人間が、互いに楽しく遊べる場所を目指して、三次元と二次元の世界をつなぐ狭間の世界」というコンセプトの施設。施設内を4種類のテーマに沿って「FESTIVAL ZONE」「ADVENTURE ZONE」「PANIC ZONE」「SF ZONE」に分け、アクティビティだけでなくその場の雰囲気も楽しめるように演出しているという。

 アクティビティはオープン時点で19種類。「VR ZONE」で展開されているものに加え、「パックマンゴーラウンド」「アスレチック VR PACMAN CHALLENGE」「太鼓の達人 VR だドン!」「ゾンビサバイバルゲーム ハード・コール」が新しく追加される。

 料金は1日フリーパス(大人4500円、子供2900円、税込み)が基本。「ドラゴンクエスト VR」(3200円)とアスレチック VR PAC-MAN CHALLENGE(2000円)は対象外となるが、その他のアクティビティは遊び放題となる。また、アスレチック VR PAC-MAN CHALLENGEはフリーパスを購入していると500円で体験可能だ。

 子供は7才から利用可能で、13才以上は大人料金となる。オープン記念として、11月4日まではフリーパスの料金が大人4200円、子供2700円になるキャンペーンを実施する。

 MAZARIAは池袋のサンシャインシティ内、ワールドインポートマートビルの3階でオープンする。同社の運営する「ナンジャタウン」と同じビルと言うと分かる人もいるだろう。ナンジャタウンは2階にあり、チケットは別途必要なものの、施設内の階段で行き来可能になる。

Reported by 宮川泰明(SPOOL