HTC NIPPON、「VIVE Pro Eye」と「VIVE Focus Plus」を6/28に国内で発売

 2019年6月17日、HTC NIPPONは「VIVE Pro Eye」と「VIVE Focus Plus」を国内で発売すると発表した。発売日は共に6月28日。価格はVIVE Pro Eyeが20万1009円、VIVE FOCUS PLUSが9万6930円(共に税込み)だ。

 VIVE Pro Eyeは名前の通り、既存のハイエンドVRゴーグル「VIVE Pro」にアイトラッキング機能を追加したモデル。アイトラッキング機能により、視線で入力したり、VR内で利用するアバターの目線を利用者とリンクさせたりできるようになる。片目あたり1440×1600ドットの有機ELパネルを搭載し、高精細な映像が得られる点は同じだ。

 またアイトラッキングを搭載すると、視線の中心だけを高解像度で描画し、視界の端は解像度を落とす「フォービエイテッド・レンダリング」も利用可能になる。描画負荷を減らすことで動作環境の要件を抑えたり、本来よりも高解像度で描画することで画質を向上させる「スーパーサンプリング」を利用する余地ができたりする。

 VIVE Focus Plusは既存の一体型VRゴーグル「VIVE Focus」に6DoF(Degrees of Freedom)に対応したコントローラーを付属した派生モデルだ。従来はコントローラーが3DoFだったため、立体的な動きの入力ができなかった。

 VIVE Focus本体は2018年に中国で発売したものとほぼ同じ。ただしヘッドストラップを改良しており、装着しやすくなっているという。SoCには当時のハイエンドチップ「Snapdragon 835」を搭載している。少し古めのように見えるが、これはFacebookの「Oculus Quest」と同じだ。

 両製品共にエンタープライズ向けの位置付けの製品のため、店頭ではあまり見ないかもしれない。機能を生かすにはコンテンツ側の対応も必要になるため、基本的にはコンテンツ開発者やアーケード施設向けと考えてよいだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL