年々派手になるMOD PC、「COMPUTEX TAIPEI 2019」の華とも言える存在に

 「COMPUTEX TAIPEI」に限らず、PC関連のイベントではMOD PCを展示する例が増えている。MODは「modification」の略で、MOD PCとは「改造PC」のことを表す。市販のPCケースをベースに、外装や内装を改造して見た目を良くするというものだ。

 PCケースをデコレーションすること自体は昔から行われていたが、近年特に熱が高まっている。元のPCケースが分からないほど外装を増やしている場合も珍しくない。中にはベースとなるPCケースがなく、MODというよりも自作のPCケースになっている場合もある。「COMPUTEX TAIPEI 2019」で見つけたMOD PCをいくつか紹介しよう。

 今回特に力を入れていたのがThermaltake Technologyと G.SKILL International Enterpriseだ。いずれも10台を超えるMOD PCを展示していた。まずはThermaltake Technologyから見ていく。

 Thermaltake TechnologyはPCケースを手がけているため、ベースとなる自社製品を掲示していた。下の写真は戦車をモチーフにした作品。原型は残っていないのだが、よく見ると砲身などに元のPCケースのフレームらしきものが使われているのが分かる。

 こちらは巨大なカブトムシ。外装は基本的に追加したもののようだ。PCパーツを収める部分は元のPCケースが使われている。

 「初音ミク」をテーマにしたPC。同キャラクターのイメージカラーの青をベースにし、液晶パネルでキャラクターを表示させている。右側は透過液晶パネルで初音ミクが踊っている。

 G.SKILL International Enterpriseのブースはより造形に凝った作品が多かった。

 がいこつをモチーフにしたPC。バイクのエンジンのようなデザインだ。どくろの目がLEDで赤く光っているのが細かい。

 他の作品と比べると外装はおとなしいが、グラフィックボードの上をキャラクターが踊っている。これは日本人のN's氏が手がけた作品だ。同氏の作品は国内のイベントでも見られる。

 Core i9のパッケージに似せた正12面体のPC。LEDの色も青を貴重にして似せている。

 他のメーカーも個性的なMOD PCを展示していた。特に目を引いた作品を紹介する。

 ASRockのブースにあったタイプライターPC。AZIO Corporation製と思われるタイプライター風キーボードを内蔵している。水冷用のラジエーターで紙を送るローラーを再現しているのが面白い。

 FSPのブースにあったジオラマPC。上部は完全にジオラマだ。PCパーツを収めている土台部分も石畳になっていた。

 Sea Sonic Electronicsのブースの宇宙船PC。よく見ると端子やフレームなど同社の電源ユニットの部品が使われている。

 Bitspowerのブースにあった円形のPC。北京オリンピックの会場となった「鳥の巣」という愛称の北京国家体育場をモチーフにしており、中央には五輪のマークも見える。

 Enermax Technologyのブースにあった自転車PC。さすがに走る機能はないようだ。

 そのほかの気になったMOD PCを下記に並べてみた(クリックで拡大)。

Reported by 宮川泰明(SPOOL