LenovoがARゴーグル「ThinkReality A6」を発表、ゴーグルと本体を分離するタイプ

 2019年5月13日、Lenovoは同社の顧客やパートナー向けのイベント「Accelerate 2019」においてエンタープライズ向けARゴーグル「ThinkReality A6」を発表した。「ThinkReality」は同社のAR製品に付けられる新しいブランド名となる。

・Lenovo Unveils New Intelligent Devices and Solutions for Enterprise
https://news.lenovo.com/pressroom/press-releases/lenovo-unveils-new-intelligent-devices-solutions-enterprise/

 ThinkReality A6はゴーグル部と本体を分離したタイプのARゴーグルだ。Microsoftの「HoloLens 2」のようにゴーグル部に全てを内蔵した方がコンパクトになるが、スペースや放熱の問題で、SoCの性能やバッテリー容量などでは不利になる。Magic Leapの「Magic Leap One」が同様にゴーグル部と本体を分離した構成を採用している。

 ヘッドストラップは額と後頭部で固定するタイプ。ゴーグル部にあるスライダーで締め付けを調整するようだ。

 SoCにQualcommの「Snapdragon 845」、映像処理チップにIntelの「Movidius」を採用し、OSはAndroid 8(Oreo)。AR映像の投影はwaveguide方式だ。投影する映像の解像度は片目当たり1920×1080ドットで、視野角は対角線で40度。重量は380gだが、ゴーグル部だけなのか本体を含めたもなのかは明示されていない。3DoF(Degree Of Freedom)のコントローラーが付属するほか、アイトラッキングや音声入力、ジェスチャーによる入力にも対応する。

 ARゴーグルは視野角の狭さが課題になることが多い。ThinkReality A6の40度という数字は、競合となるHoloLens 2の52度、Magic Leap Oneの50度と比べると若干狭い点は気になるところだ。位置トラッキング用のカメラの数も両製品と比べると少ない。こうした点から、ハイエンドというよりも低価格帯を狙った製品と思われる。ただし、価格や発売時期は未発表だ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL