「GeForce GTX 1650」が登場、VRでもギリギリ使える「Turing」世代の最下位モデル

 2019年4月23日、NVIDIAは新グラフィックチップ「GeForce GTX 1650」を発表した。同日、各グラフィックボードメーカーが搭載製品を発売している。

・NVIDIAの製品ページ
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/graphics-cards/gtx-1650/

 GeForce GTX 1650は「GeForce GTX 1660」の下位モデル。「Turing」アーキテクチャーの中では最も下位の位置付けになる。「GeForce GTX 1050 Ti」の後継チップになると考えてよいだろう。

 主なスペックは以下の通り。最も注目すべき点は、Turingアーキテクチャーで初めて補助電源なしに対応したこと。「VR Ready」は非対応となっているが、「Oculus Rift」の最低動作環境はGeForce GTX 1050 Tiのため、GeForce GTX 1650でも動作はするはずだ。

 参考として、GeForce GTX 1660とGeForce GTX 1050 Tiの仕様も掲載する。

 上位モデルのGeForce GTX 1660と比べると、シェーダー(CUDAコア)数、コア動作周波数ともに引き下げられているのが分かる。特にシェーダー数は2/3以下になっており、差が大きい。これはGeForce GTX 1060とGeForce GTX 1050 Tiの関係に似ている。

 一方で前世代のGeForce GTX 1050 Tiからはシェーダー数、動作周波数ともに向上しており、同じクラスのチップ同士で比べれば性能の引き上げは確実に行われている。

 他の「GeForce GTX 16」シリーズ同様、「GeForce RTX 20」シリーズと基本設計を共有しているものの「RTコア」と「Tensorコア」は搭載していない。ただし、これらはハイエンド寄りの用途で使う機能のため、このクラスのグラフィックボードならなくても大きな問題にはならないだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL