「Switch」の「スーパーマリオ オデッセイ」「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」がVR対応へ

 2019年4月5日、任天堂は「スーパーマリオ オデッセイ」と「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」がVRに対応すると発表した。4月26日に実施する無料アップデートで利用可能になる。

・「Nintendo Labo: VR Kit」の製品ページ
https://www.nintendo.co.jp/labo/kit/vr.html

 VR版を利用するには「Nintendo Labo: VR Kit」に含まれる「VRゴーグルToy-Con」が必要。ただしゲーム側はDLCではなくアップデートで対応するため、そのタイトルを既に持っていれば追加費用はない。

 スーパーマリオ オデッセイは「帽子の国」「海の国」「料理の国」で専用コンテンツが追加される。ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドはゲーム本編が全てVR化されるという。ただし、下の紹介動画では「一部、VRに対応していないシーンがあります」と注意書きが入っている。

・Nintendo 公式チャンネルの紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=kwI0QVbCiB4

 VRゴーグルToy-Conはスマートフォンを使うVRゴーグルのようにSwitch本体を取り付けて使う。ヘッドバンドはなく、左右に取り付けたコントローラーを持って支える。長時間プレイには向かないように見え、そのためかゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドではプレイ中にVRモードと通常モードを切り替えられるようだ。

 Nintendo Labo: VR Kitは4月12日発売予定。VRゴーグルToy-Conの他に5種類の「Toy-Con」を同梱したパッケージと、VRゴーグルToy-Conと1種類のToy-Conを同梱した「ちょびっと版」があり、価格はそれぞれ税抜き7980円と3980円だ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL