Facebookが「Rift S」を発表、「Rift」に様々な変更を加えた後継機

 2019年3月20日、Facebook Technologiesは「Oculus Rift S」を発表した。「Oculus Rift」を置き換える後継機だ。ただし、コンテンツの互換性はあるものの、VRゴーグルとしては別物と言ってよいほど多くの箇所が変更されている。

 Oculus Rift Sは399米ドルで今春発売予定だ。公式ブログでは触れられていない仕様が多いため、「Upload VR」の報道も併せて紹介する。

・Announcing Oculus Rift S, Our New PC VR Headset Launching Spring 2019 for $399
https://www.oculus.com/blog/announcing-oculus-rift-s-our-new-pc-vr-headset-launching-spring-2019/

・Oculus Rift S Is Official: 1440p LCD, Better Lenses, 5 Camera Inside-Out Tracking, Halo Strap, $399
https://uploadvr.com/oculus-rift-s-official/

 Oculus Rift Sは、Oculus Riftの単純なアップグレード版ではない。変更のうちにはアップグレードされた点だけでなく、ダウングレードされた点、どちらとも言えない点がある。順番に紹介しよう。

 アップグレードされた点は、ディスプレイの解像度だ。Oculus Riftは1080×1200ドットの有機ELパネルを2枚使用していたが、Oculus Rift Sでは2560×1440ドットの液晶パネルを1枚使用している。画素密度が上がり、VRゴーグル向けの液晶ディスプレイを使うことで「スクリーンドア・エフェクト(画素と画素の間が網戸のように見えてしまう現象)」を抑えたという。

 また、レンズを改善したことにより「ゴッド・レイ(黒背景で白い文字を表示した時などに、文字に後光のような光が見える現象)」を抑えたとしている。

 追加された機能では、「Passthrough+」がある。VRゴーグルを装着したまま周囲にある家具等が見えるという機能だ。プレイエリア外に出てしまい、ぶつかってしまう事故を避けられるという。

 ダウングレードされた点は2つあり、リフレッシュレートとハードウェアIPD調節機能だ。リフレッシュレートはOculus Riftの90Hzから80hzへと引き下げられた。体験レベルにどこまで影響するかは不明だが、PC用のVRゴーグルはほとんどが90Hzを採用している。

 IPD(InterPupillary Distance)は瞳孔間距離と訳され、両目の間の距離を表す。ディスプレイ表示と瞳孔間距離が合っていないと画面がぼやけてしまう。Oculus Riftではディスプレイを動かして調節していたが、Oculus Rift Sではソフト処理での調節となった。これは前述の通り1枚のディスプレイで両目用の表示を担っており、物理的に離すことができないためだ。

 どちらとも言えない変更点はいくつかある。Oculus Riftの位置トラッキングは外部センサーを使うoutside-in方式だったが、Oculus Rift Sでは外部センサーを使わないinside-out方式を採用した。トラッキング用のカメラを5個搭載することで、トラッキング可能な範囲は非常に広くなっている。トラッキング方式の変更に伴い、Touchコントローラーも新しくなっている。

 ヘッドストラップはソフトタイプからハードタイプに変更された。Windows Mixed Reality(MR)対応VRゴーグルでよく見られた、後頭部のダイヤルで締め付けの調整をするタイプだ。ヘッドホンの耳あてはなくなったが、ヘッドストラップに小型スピーカーを内蔵している。これは「Oculus Go」と同じ方式となっている。

 ディスプレイが有機ELパネルから液晶パネルになったことが気になる人もいるだろう。スクリーンドア・エフェクトが軽減されるのは歓迎すべきだが、有機ELパネルの特徴である高い応答性はVRゴーグルに適しているとされる。一方でVRゴーグルに採用される液晶パネルはVRゴーグルのために開発されており、採用例は増えてきている。コストも含めてどちらが優れているかは人によって評価が分かれるだろう。

 Facebookは、Oculus Rift SをLenovoとパートナーシップを結んで開発されたと明かしている。これだけの変更を加えつつ399米ドルと前モデルとほぼ同じ価格で発売できるのは、このパートナーシップの影響が大きいだろう。LenovoはMR対応VRゴーグル「Explorer」を販売しており、Oculus Rift Sはデザイン面で共通点も多い。

 Oculus Rift SはOculus Riftの後継ではあるものの、純粋なアップデートではない。現在Oculus Riftを持っている人が乗り換えるだけの魅力があるかは微妙だが、購入を考えている人には選びやすい製品となるのではないだろうか。

Reported by 宮川泰明(SPOOL