「Viveport Infinity」が4月2日にスタート、サブスクリプション対象の全タイトルが使い放題に

 2019年3月14日、HTCは公式ブログを更新し、新しいサブスクリプションプラン「Viveport Infinity」が4月2日にスタートすると発表した。

・VIVEPORT Infinity to Offer Unlimited Gaming for $12.99 a Month Starting April 2nd
https://blog.vive.com/us/2019/03/14/viveport-infinity-offer-unlimited-gaming-12-99-month-starting-april-2nd/

 Viveport Infinityは、同社のオンラインプラットフォーム「Viveport」で利用できるサブスクリプション(定額使い放題)プラン。月額12.99米ドルで全ての対象タイトルが使い放題となる。従来のサブスクリプションプランは月額8.99米ドル(国内向け価格は1000円)で、毎月5タイトルを選び、1ヶ月間使い放題になるというサービスだった。価格は上がるものの、利用可能になるゲーム、アプリの数は比較にならないほど増える。

 現在のサブスクリプションプランは1ヶ月ごとに更新するほか、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の前払い方式もあった。今回の発表では12ヶ月プランのみ紹介されており、価格は99米ドルとなっている。国内向けの価格は未発表だが、現行のサブスクリプションプランに近いレートで計算すると、月額は1450~1500円、年額は1万1000~1万1500円となる。

 Viveport Infinityでは対象タイトルが全て使い放題になるが、Viveportで販売しているタイトルが全て対象になっているわけではない点は注意が必要だ。とは言え、現在Viveportに登録されている有料タイトル1062個のうち、598個が対象となっている。タイトルが少なくて不満を覚えることはないだろう。

 現行のサブスクリプションプランを契約している人は、年内は同じ価格でViveport Infinityを利用できる。これは4月2日までに契約した人も含まれるという。2週間の無料体験や、週末セールなどの登録者向け特典は継続するとしている。

Reported by 宮川泰明(SPOOL