任天堂が「Switch」用VRアクセサリー「Nintendo Labo: VR Kit」を発表

 2019年3月7日、任天堂は「Nintendo Labo」シリーズの新モデル「Nintendo Labo: VR Kit(ニンテンドー ラボ VRキット)」を発表した。発売日は2019年4月12日。

・Nintendo Labo: VR Kitのニュースページ
https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2019/190307.html

 Nintendo Laboは同社のゲーム機「Switch」の周辺機器で、段ボールを使った工作キット。今回のVR Kitを利用すると、SwitchをVRゴーグルとして使えるようになる。

 「Toy-Con(トイコン)」と呼ぶキットには複数の種類があり、コンテンツに応じて使い分ける。今回発表したToy-Conは「VRゴーグルToy-Con」「バズーカToy-Con」「カメラToy-Con」「ゾウToy-Con」「トリToy-Con」「風Toy-Con」の6種類。VRゴーグルToy-ConはSwtich本体をVRゴーグル化するキットのため、コンテンツは5種類となる。それぞれの具体的な内容は後日公開予定だ。

 パッケージは、6種類全てのToy-Conが入ったNintendo Labo: VR Kit(税抜き7980円)と、VRゴーグルToy-ConとバズーカToy-Conの2種類だけが入った「Nintendo Labo: VR Kit ちょびっと版」(税抜き3980円)の2種類が用意される。

 Toy-Conは基本的に手で持って操作するため、VRゴーグルを頭に装着しなくてもよい点は画期的。本格的なVRゴーグルと比べると限定的な使い方になるものの、既にSwitchを持っている人は数千円の費用でVRが楽しめるのは大きなメリットと言えるだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL