HTCが「HTC 5G HUB」を発表、将来のクラウドVRへの対応をうたう高性能モバイルルーター

 2019年2月25日、HTCは5G(第5世代移動体通信システム)に対応したルーター「HTC 5G HUB」を発表した。モバイルルーターとしての機能が基本だが、Android 9を搭載し、スマートデバイスとしての側面も持つ。

・HTCが革新的に新しい5Gモバイルスマートハブを公開
https://www.htc.com/jp/newsroom/2019-02-25-2/

 HTC 5G HUBは、5Gでインターネットに接続し、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac//ad)や有線LAN(ギガビット対応)でパソコンやスマートフォンなどの機器と接続する。7660mAhのバッテリーを内蔵しており、据え置きだけでなく持ち運びも可能だ。

 Qualcommの「Snapdragon 855」と5G対応のモデムチップ「Snapdragon X50 5G Modem」を搭載しており、モバイルルーターとしてだけでなくAndroid端末としての機能も備えている。本体正面には5インチのタッチパネルディスプレイ(1280×720ドット)もあり、音楽や動画を再生したり、スマートスピーカーとして利用したりできる。

 気になる要素としては、「クラウドVR」への対応がある。高品質な描画をクラウド上で行い、映像の配信を受け取ることで一体型のVRゴーグルでもハイエンドクラスのVRコンテンツを楽しめるというものだ。4G以前は遅延が大きかったためVRコンテンツをリアルタイムで配信するのは困難だったが、遅延の少ない5Gなら可能性がある。ただ、まだサービスが始まっていないため未知数の部分もある。

 本体サイズは129×100×43mm。重量は340g。メインメモリーは4GB、内蔵ストレージは32GBで、最大512GBのmicroSDカードを搭載可能だ。2019年の第2四半期に一部の地域で発売する。日本での発売は未定だが、日本では5G通信自体が2020年の開始予定のため、このタイミングで発売する意味がないということだろう。クラウドVRが実用化されれば、高品質なVRの環境を持ち運びできるようになる。VRを活用できるシーンが広がるのではないだろうか。

Reported by 宮川泰明(SPOOL