マイクロソフトが「HoloLens 2」を発表、視野角は2倍に

【編集注】本記事では「視野角が2倍」とお伝えしていましたが正しくは「表示エリアが2倍になった」ということでした。詳しくは別記事をご参照ください。

 2019年2月24日、マイクロソフトはスペインのバルセロナ市で開催中の「MWC19 Barcelona」に合わせてメディア向けイベントを開催し、ARゴーグルの新モデル「HoloLens 2」を発表した。

・Microsoft at MWC Barcelona: Introducing Microsoft HoloLens 2
https://blogs.microsoft.com/blog/2019/02/24/microsoft-at-mwc-barcelona-introducing-microsoft-hololens-2/

・製品ページ
https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens/

 HoloLens 2はマイクロソフトの開発しているMixed Realityに対応するARゴーグル。前世代の「HoloLens」から様々な点を強化したという。

 最も大きな改善点が視野角だ。HoloLensの視野角の具体的な数値は公開されていないが、あまり広くないという評価が一般的だ。HoloLens 2ではHoloLensから視野角を2倍に引き上げた。PPD(Pixel Per Degree、視野角1度当たりの解像度)は47で、画素密度は非常に高くなっている。

 製品ページによると、画面解像度は2K。アスペクト比は3:2となっているため、1920×1280ドット付近になると思われる。

 装着時の快適性も向上している。カーボン素材で軽量化し、様々な人の頭部サイズのデータからより多くの人にフィットするようデザインしたという。発表したステージでは、帽子をかぶる感覚で装着できるとアピールした。VRゴーグルでは一般的になった、ゴーグル部の跳ね上げ機構も搭載した。

 アイトラッキングとハンドトラッキング、音声入力に対応する。もちろんinside-out方式の位置トラッキングも利用可能だ。

 SoCはQualcommの「Snapdragon 850」を採用。HoloLensでも搭載していた専用チップ「HPU(Holographic Processing Unit)」も第2世代に進化している。無線機能はIEEE 802.11ac、Bluetooth 5.0に対応する。

 HoloLens 2の価格は3500米ドル。前世代にあったビジネス向けと開発者向けの区別はなくなった。2019年内発売予定となっており、予約の受け付けは既に開始している。当初は販売地域を限定した状態になるが、幸い日本はその中に含まれている。

Reported by 宮川泰明(SPOOL